この星の格闘技を追いかける

【TUF18】Ep.02 ジュリアナ、本命を撃破。ミーシャに主導権

Pena

【写真】シーズン初戦の勝者となったジュリア・ペニャ。ハウスでもしっかりメークをする女らしさも見せているファイターだ(C) Photo Courtesy of UFC, Special Thanx to WOWOW

30日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのマンダレイベイ・イベンツセンターで開催されるThe Ultimate Fighter 18 Finale。TUF8年の歴史で初めて女子が参加した今シーズン、第2週に行なわれたジュリアナ・ペニャ×シェイナ・ベイズラー戦を振り返りたい。

<女子バンタム級/5分2R+ExR>
ジュリアナ・ペニャ(米国)
Def.2R2分08秒by RNC
シェイナ・ベイズラー(米国)

いきなり真正面から右ストレート、そのまま連打を放っていったジュリアナ。ベイズラーのヒザ蹴りも構わず、ケージに押し込んでいく。ただしテイクダウンを奪ったのはベイズラー、オーバーフックから倒しジュリアナが立ち上っても即、ボディロックからの崩しでグラウンドへ持ち込む。バックに回るがフックはしきれず、ジュリアナがガードに戻す。十字を狙うジュリアナに対し、ベイズラーはパウンドを落す。左ワキを差して立ち上がったジュリアナは、シングルレッグへ。ベイズラーはスイッチからそのまま寝技に持ち込んだが上を取りきれず、ガードを強いられる。シッティングガードからオーバーフックと強引なベイズラーだが、同体で立ち上がってからもテイクダウンに成功する。

パスからサイドに回ったベイズラーはギロチンを仕掛けるも、ボトムに。残り40秒、頭を引抜いたジュリアナがパウンドを連続で落す。殴られながらもベイズラーが、シングルでトップを取り返したところで初回が終了した。

2R、肩で息をするベイズラーは、オクタゴン中央の打撃戦でヒザを入れるが、ジュリアナの右ストレートや左フックに圧される。右を受けて腰が落ちたベイズラー。ジュリアナがさらにパンチを入れていくと、テイクダウンを狙うが倒し切れない。体を入れ替えたジュリアナは、左ヒザを2発連続でベイズラーの顔面に突き上げる。そのまま両ワキを差してテイクダウンに成功したジュリアナは、パスからバックへ。RNCを狙いつつ足をフックする。残り2分、RNCの態勢に入ったジュリアナは、ベイズラーを腹這いにしてタップを奪った。

試合前には「セミナーに来て、リングで勝負しろって言うようなもの。チャンスはない」と自信満々に語っていたベイズラー、参加選手中もっとも実績を持っていた本命が思わぬ初戦敗退となった。ジュリアナの勝利で、試合選択の権利も得たミーシャは自らのチームからクリス・ホールズワース、そしてチーム・ラウジーからクリス・ビールをピックした。強打のビールの拳が完全になっていない間に潰そうという冷酷な判断だった。

なお、チーム・テイトのティム・ゴーマンが足の負傷でシーズン参加が不可能と判断され、イリミネーション・ラウンドでクリス・ホールズワースに敗れたルイス・フォセッティが、ダナ・ホワイトの希望もありハウス入りを果たしている。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie