この星の格闘技を追いかける

【Bellator161】ジョー・ウォーレン、ワンアーム&5フィンガーギロチンで復活V

<バンタム級/5分3R>
ジョー・ウォーレン(米国)
Def.3R1分04秒by ネッククランク
サーワン・カカイ(スウェーデン)

低い姿勢からワンツーを見せるウォーレン、前に出てヒザ蹴りから組み付く。体を入れ替えたカカイがヒザ蹴り。一瞬、体が固まったように見えたウォーレンだがボディロックからテイクダウン、バックコントロールへ。後方から殴り、ロールしてトップを取りかけたウォーレンだが、カカイが立ち上がる。

すかさずケージに押し込み、ダブルレッグをしかけボディロックに移行したウォーレン。カカイがアゴを押し退けるも、シングルレッグへ。エルボー落として耐えるカカイがヒザ蹴りをボディに突き刺す。さらにスペースを作りヒザを続けるカカイ。ウォーレンは己美ボディも、ヒザ蹴りから体を入れ替えられダブルレッグからアンクルピックでテイクダウンを奪われる。

半身+ウィザードのウォーレンはやがて背中をつけてエルボーを顔面に受ける。蹴り上げから立ち上がったウォーレンはボディも、ヒザ蹴りをまたも喰らいダブルレッグも決まらない。エルボーを落として、またもケージに押し返したカカイが初回を取ってもおかしくないラウンドとなった。

2R、右を当てたウォーレンがダブルレッグからバックに回り込みRNC。足をフックしきれず、胸を合わされて離れたウォーレンは遠い距離から右オーバーハンド、手をマットについてトルネードキックを見せる。カカイは右ローを続け、ウォーレンの前差しを殺しに。ウォーレンは構わずダブルレッグからドライブ、そしてヒザを腹に受ける……。胸を合わすことができず、自らのヒザよりも明らかに威力のあるカカイのヒザ蹴りを喰うウォーレンだったが、なんとヒザ蹴りでダウンを奪う。

バタフライガードのカカイに右のエルボーを落としたウォーレン。カカイは腰を切って腕十字へ。時間を賭けてヒジを抜きに掛かりヒザで背中を押してディフェンスしたウォーレンがトップからパウンド、バックに回って一気にRNCへ。ガードに戻したカカイにパンチを入れてバックコントロール、ウォーレンが2回をビッグラウンドとした。

最終回、ワンツーから右ヒザ蹴りでカカイをケージ際に下がらせたウォーレンがシングルレッグへ。カカイはギロチンで凌ぐも大量の鼻血を流している。と、シングルレッグでテイクダウンを狙ったカカイに対し、ウォーレンはRNCクラッチのパワーギロチン。ケージに押し込み、クラッチを外しワンアーム&ファイブフィンガー・ギロチンでタップを奪ったが、コールはネッククランクだった。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie