この星の格闘技を追いかける

【UFC167】TD→キープ許し続けたハーマン、完敗喫す

<ミドル級/5分3R>
ターレス・レイチ(ブラジル)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 30-27
エド・ハーマン(米国)

まずは右ローを見せたハーマン。大きな右フックを空振りしバランスを崩すと、あっという間にレイチがトップを取る。足関狙いから足を戻したハーマンだが、レイチは蹴り上げを捌いてインサイド・ハーフガードに。右ワキを差してパスを許さないハーマンだったが、レイチは反対側にパスを成功させサイドマウントを取る。背中を向けたハーマンが立ち上がる、アウトサイドトリップからテイクダウンへ。

ハーフからバックマウントを奪取したレイチがRNCの機会を伺う。亀になったハーマンにパンチを入れ、両足を再びフックしたレイチがボディにカカトを落とす。同体で立ち上がったところで初回が終了した。

2R、ハーマンの左フックを受けてテイクダウンを狙うレイチだが、体を入れ替えられる。2度、3度とケージ際で態勢が変わったが、レイチがテイクダウンに成功する。パスと同時にバックマウントを取ったレイチ。初回と同じ展開となるも、ハーマンがガードに戻す。すぐにレイチはパスすると、ココでもバックへ。ハーマンの前転にも背中に張り付いたレイチだが、ハーマンも足を戻す。残り20秒、ブーイングのなかレイチがトップを守りきった。

3R、ハーマンは左ジャブを伸ばすが、レイチに組みつかれる。ケージに逆に押し込み、パンチを連続で入れたハーマンだったが、右ストレートからケージに押し込まれてしまう。体を入れ替え、アッパーを繰り出すハーマンは離れ際に左フックをヒットさせる。レイチも右オーバーハンドを打ち込み、試合はここでもケージ際に移動する。体を入れ替えたレイチがテイクダウンを狙うと、ハーマンが金網を掴んで注意を受ける。

直後にオクタゴン中央側にテイクダウンを許したハーマンは、厳しい展開に。残り90秒、パスからバックを狙われ、亀になったところで両足をフックされる。判定勝ちを手にするのに、盤石の態勢となったレイチは、無理せずトップキープに移行する。最後はマウントを取ったところでタイムアップに、ジャッジは当然レイチを支持し3-0の判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie