この星の格闘技を追いかける

【Bellator160】53秒KOでカラキャニャンがジェンキンスを返り討ち。涙のタイトル戦線返り咲き

<フェザー級/5分3R>
ジョージ・カラキャニャン(米国)
Def.1R0分53秒by KO
バッバ・ジェンキンス(米国)

昨年1月にカラキャニャンのギロチンに失神して以来、3連勝でリベンジに挑むジェンキンス。ダニエル・ヴェイケル、パット・カーランに連敗中のカラキャニャンもこれ以上、敗北を積み重ねるわけにはいかない一戦だ。

サウスポーのジェンキンスが左ロー、左ストレート。カラキャニャンは右ミドルを返す。ローの蹴り合いからジェンキンスは左ミドルを入れてスッと距離を取り直す。と、続く右前蹴りをキャッチしたカラキャニャンが、そのままケージ際に下がったジェンキンスに右ストレート一閃。返しの左、パウンドの必要がない一撃KO劇。ジェンキンスはまたも意識を失い、キャンバスに沈んだ。

ケージに駆け上がって勝利の雄叫びを挙げるカラキャニャン。1年8カ月振りの勝利を再びジェンキンスから手にし、「2連敗中だったし、ヒザを診てくれたドクター、ミレニアMMAの皆に感謝している。僕はファイターだから、やっぱり最高の気分だよ。コーナーのロブ・アラムが我慢強く戦えって言ってくれて。2人の娘にこの勝利を捧げたい」と語り、涙を拭った。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie