この星の格闘技を追いかける

【UFN31】打撃戦制したラーキン、3-0でUFC初白星掴む

2013.11.07

<ミドル級/5分3R>
ロレンツ・ラーキン(米国)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 29-28
クリス・カモージ(米国)

まずは左ローを見せたラーキン。サウスポーのカモージに対し、構わず左ミドルを放っていく。カモージも左前蹴りを放ち、関節蹴りを狙う。身長&リーチで優るカモージだが、右ショートフックを受けてダウン。スタンドで待ち受けたラーキンは、ガードの上から右ハイを蹴り込む。蹴りで距離を取るカモージに、右ミドルを入れるラーキン。カモージもローを4発返す。右ジャブから左ストレートにつなげたカモージだが、ラーキンは右フックをヒットさせる。

左ジャブから右を伸ばすラーキンは、ローを受け流し右ハイへ。パンチで距離を詰めヒザ蹴りを放っていったカモージだが、ラーキンがハイを見舞った際にヒザを顔面に受けそうになる。右のミドルハイを勢いよく蹴り込むラーキンが、飛びヒザを避けたところで初回が終了した。

2R、ローから右ジャブを伸ばすカモージに対し、リーチで劣るカモージは回転の速いパンチを見せる。ラーキンの右ローを捌いて、左ローを入れるカモージ。ローの応酬が続いた後、ラーキンが右を打ち込む。前に出ながらヒザを入れたカモージは、組んでからエルボーを見せる。体を入れ替えたラーキンが、カモージをケージに押し込むもすぐに距離を取り直す。

カモージが引き続きローを蹴り込むも、ラーキンも右ボディをヒットさせ、右フックを打ち込む。ローを走らせるカモージ、距離を詰めると左ストレートで決める。この一発を受けて、熱くなったかパンチの振りが大きくなったラーキンは、ケージに押し込まれるも体を入れ替える。離れ際に右エルボーを2発打ち込んだラーキンは、終了間際に左フック、下がりながら右ミドルを繰り出すも、カモージのラッシュに押された印象を残してしまったか。

最終回、キャンバスに手をついて旋回蹴りを見せたラーキン。カモージは慌てずローを続ける。カットせずにローを受けていたラーキンは、インサイドローにはやや左足が流れるようになる。それでも右ストレートを要所で決めるラーキンが、右アッパーで前に出る。さらに右ボディを決めたラーキンが前に出るシーンが目立ってくる。そのラーキンは接近戦でも首相撲からヒザを繰り出し、ケージに押し込んで右エルボーを豪快に打ち込む。

逆にケージに押し込まれた状態でもエルボーを放つラーキンは、テイクダウン狙いを耐えエルボーからヒザを流血のカモージに突き上げる。試合終了直前にスピニングバックエルボーを見せるなど、ラーキンがプレッシャーを与え続けた3Rが終わった。ジャッジの裁定は3-0でラーキンを支持、UFC初白星を挙げた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie