この星の格闘技を追いかける

【Grachan24】未知のカンボジア格闘術=クン・クメールの使い手に対し、大澤茂樹 「パンチで勝つ」

Kenji Osawa【写真】未知のクン・クメールの使い手に殴り勝つことができるか、大澤茂樹。5月大会の手塚基伸戦に続き、連続出場となる(C)MMAPLANET

7日(日)、東京都江東区のディファ有明で開催されるGRACHAN24のメインで大澤茂樹がカンボジア版ムエタイ=クン・クメール(プラダル・セレイ)出身のMMAファイター=ハッカムノーイ・エスジムと対戦する。


その拳からは只者ではなさ──が漂ってくるが(C)GRACHAN

その拳からは只者ではなさ──が漂ってくるが(C)GRACHAN

このハッカムノーイ──取材を申し込んでもセコンドですら、英語はともかくとしてタイ語も話せないということで、話を聞くことが不可能と状態にある。そもそも、ハッカムノーイが148戦125勝12敗11分という戦績を残しているクン・クメールは、カンボジアの土着格闘技であったが、フランスの保護国時代にリングやボクシング・グローブを着用して近代スポーツとして生まれ変わったのだが、ポル・ポト政権時代に禁止され、政権崩壊後復活。我々の目からするとムエタイとどこに違いがあるのか、見分けはつかない。

カンボジア国内ではTV中継もされており、高い人気を誇るようだ。クメール・ファイトという名の番組では、国際戦であのブアカーオ・バンチャメークも出場しているが、その戦いぶりはムエタイと寸分違わない。また、バンテージを巻いた素手状態で試合が組まれることもあり、こちらはミャンマーラウェイを思わせる試合となっている。

そんなクン・クメール出身でMMAでも7勝1敗のハッカムノーイは「得意技は左右のパンチ。関節技で勝ちたい」と大澤戦について抱負を語っているが、果たして……。一方の大澤はハッカムノーイの庭であるスタンド勝負、「パンチで勝ちたい」と発言している。

これまでクン・クメール出身のMMAファイターといえば、ONEにロン・ソフィー、キム・ディマ、トク・ソフォン、コーン・シーチャンらが出場しており、共通点は打撃、特にパンチはパワフル。そして、見様見真似のような組み技にもトライするが、ディフェンス能力は低いというもの。

一発殴られてもテイクダウンにいけば──という気持ちを大澤が持っているようであれば、その一発で倒される可能性はある。ただし、総合力でいえば全く情報の無いハッカムノーイとはいえ、大澤が絶対に優位に立つ。だからこそ、怖いのがハッカムノーイの一発ということになる。

■ Grachan24対戦カード

<フェザー級/5分2R>
大澤茂樹(日本)
ハッカムノーイ・エスジム(カンボジア)

<バンタム級/5分2R>
斉藤洋二(日本)
堀友彦(日本)

<バンタム級/5分2R>
中村謙作(日本)
吉田哲之(日本)

<ライト級/5分2R>
能登崇(日本)
竹川光一郎(日本)

<ウェルター級/5分2R>
ルクク・ダリ(コンゴ)
佐々木克義(日本)

<フェザー級/5分2R>
崎山勲(日本)
直斗(日本)

<フライ級/5分2R>
津村尚幸(日本)
山本聖悟(日本)

<ミドル級/5分2R>
ジョシュア・ロビンソン(米国)
大場慎之助(日本)

<フライ級/5分2R>
長澤伸昭(日本)
高山勇吾(日本)

<無差別級/5分2R>
オリバ(日本)
遠藤勝人(日本)

<フェザー級/5分2R>
木口大輔(日本)
マークン(日本)

<バンタム級/3分2R>
ミルコザックス(イタリア)
HARU(日本)

▼ GRACHAN CHALLENGE

<フェザー級/5分1R>
山本拓也(日本)
今村豊(日本)

<バンタム級/5分1R>
天野哲宏(日本)
高橋宗也(日本)

<バンタム級/5分1R>
吉澤勇人(日本)
江本正輝(日本)

<フライ級/5分1R>
北竜也(日本)
金子翔太(日本)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie