この星の格闘技を追いかける

【WSOF06】ジョン・フィッチ、辛くもスプリット判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
ジョン・フィッチ(米国)
Def.2-1: 29-28, 29-28, 28-29
マルセロ・アルファイア(ブラジル)

試合はフィッチの左ローでスタート。続く左ローに右フックを合せようとしたアルファイア。アルファイアのパンチに組みついたフィッチが、ケージに押し込む。体を入れ替えたアルファイアが逆にテイクダウンを奪う意外な立ち上がりに。アルファイアは脇を差し、足をコントロールしてフィッチを立たせない。と、亀になったフィッチのバックに回り、両足をフックする。胸を合わせられないフィッチは、上体を起こすが、ハーフネルソンに取ったアルファイアがバックマウントをキープする。

後方に倒れたフィッチ、アルファイアの四の字ロックは外れない。右足をフィッチの右ヒザの裏に差し込み、四の字フックを安定させたアルファイアは、後方から勢いのある鉄槌を落していく。フィッチは四の字ロックを外し、胸を合わせにいく。アルファイアは同時に立ち上がり、フィッチがダルブレッグを仕掛けてもケージを背にして耐え、初回が終了した。

2R、頭を振って前に出るフィッチは、左ローから左ジャブを伸ばし、組みついてきたアルファイアを潰してトップへ。勢いのあるパンチを入れるフィッチは、アルファイアの足関狙いに思いパウンドを落す。しかし、立ち上がったアルファイアが逆にケージにフィッチを押し込んでテイクダウンへ。フィッチもすぐに胸を合わせて立ち上がると、ケージにアルファイアを押し込む。ここでもアルファイアは体を入れ替え、フィッチをケージに押し込むと、ダブルを仕掛けるもフィッチが右手を差しいれて、崩していく。

姿勢を低くし、再びダブルで押し込むアルファイアは、スラム気味にフィッチを叩きつける。フィッチはバックを取らせず、アルファイアを前方に送り出してスタンドに戻る。直後にフィッチがアッパーを決めるが、アルファイアもアッパーを打ち返す。フィッチはストレートを伸ばし、左から右のコンビネーションからヒザを入れる。ケージに押し込まれても、押し返すフィッチはアルファイアのパンチをヘッドスリップでかわし、左ジャブから左フックを打ち込み、攻勢だった2Rを戦い終えた。

最終回、右から左をヒットさせたフィッチは、アルファイアの右ローに右ロングアッパーを合わせる。シングルで飛び込んだアルファイアはテイクダウンを切られ、ヒザをボディに受ける。距離を取った両者、フィッチの右ストレートを受けたアルファイアが後退する。さらに右を打ちこんだフィッチは、アッパーを放つ。アルファイアのテイクダウン狙いを切ったフィッチが距離を取り直す。フィッチがクリンチに持っていくも、アルファイアはスプロールからダブルを逆に仕掛けていく。

この時点でのテイクダウンはラウンドを取るかどうか大きな意味を持つ。耐えきったフィッチ、アルファイアがスタミナロスを考えて自ら距離を取る。ニータップ気味にテイクダウンを奪ったフィッチが、左右のパウンドを落す。アルファイアもガードから起き上がりダブルレッグを仕掛け、ケージに押し込んでいく。残り20秒、テイクダウンからバックを許しそうになったフィッチだが、アルファイアは体を滑らすようにキャンバスに転がり、ガードを取ったところでパウンドを被弾する。それでも起き上がってテイクダウンを仕掛けたアルファイア、ここで試合終了となり、勝敗はジャッジの裁定に委ねらえることに。とジャッジの裁定はスプリットに、結果フィッチが2-1で辛くも判定勝ち手にし、WSOFで初勝利を挙げた。

「ケージ際のテイクダウン狙いは、スペースがなくて防げなかった。アルファイアは本当にタフだった。メイン?  ジョシュ・バークマンに勝って欲しい。リベンジをしてベルトを巻きたいから」とフィッチは語った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY