この星の格闘技を追いかける

【UFN30】スピーディな打撃戦の末、パークがタック退ける

2013.10.27

<ライト級/5分3R>
ノーマン・パーク(英国)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 30-27
ジョン・タック(米国)

いきなり右ハイを見せたタック。ローから再びハイを繰り出す。ハイをブロックしたパークは右ジャブを伸ばし、左ミドルへ。タックは右から左を打ち込むと、ブロックの上から右ハイを放つ。右ジャブから左ストレートを伸ばしたパークだが、タックも右ストレートから首相撲ヒザをボディに突き上げる。

引き続き右ストレートをヒットしたタックに対し、バークも左を返す。パークが目に指が入ったとアピールするが、レフェリーが見落としてタックが攻め込むシーンも。残り1分、タックが左ミドルを繰り出す。残り30秒、パンチの交換のあと両手を広げて来い来いとアピールするタック。パークは残り10秒で組みつき、バックから後方への投げを見せた。

2R、パークは左ボディストレートを伸ばす。さらに左フック、右ストレートをヒットする。タックは右ボディを蹴り込み、右フックをヒットする。パークは右ジャブから、左フック、さらに右フックを打ち込む。ボディを続け、左ミドルとボディへ攻撃の的を絞ったパークは、左ボディアッパーを決める。

タックも右を振るうが、左ストレートを受けて下がる。タックの右ボディストレートに対し、左ストレート&左アッパーと攻めこむパーク。タックは蹴り、飛びヒザを放つもパークはワンツーを伸ばす。パークが前に出るシーンが多くなり、ダーティボクシングへ。タックに疲労の色が浮かぶ2Rとなった。

3R、右ミドルの応酬のあと、ノーマンが左ディストレート。タックもパンチの数を増やすが、当たってもダメージを与えられない。前に出るパーク、タックがマウスピースを落とし、ストップを要請せずに拾おうとしたところで、パンチを連続で打ち込む。手数で完全にタックを上回るようになったパークが左ストレートを2発打ち込む。さらに左ボディストレートを放つも、タックも受け止める。最後まで素早い動きを続けた両者、試合はタイムアップになり、ノーマンが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY