この星の格闘技を追いかける

【UFN30】ミラーが敵地で判定勝ち。オグルの追い上げ届かず

2013.10.27

<フェザー級/5分3R>
コール・ミラー(米国)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
アンディ・オグル(英国)

身長差の大きな2人。背の高いミラーが、右を伸ばす。オグルは左ジャブを見せるも、ミラーの右を被弾する。距離が詰まるとミラーが首相撲からヒザを突き上げる。ダブルレッグを潰されたオグルは、シングルからクリンチへ。ミラーは首相撲から体を入れ替えるが、小手投げでテイクダウンを奪う。ワキを潜り、バックに回ったミラーが四の字フックへ。バッククラブから両脇を差した状態のミラーはカカトをボディに落とす。

ケージ際でバックマウントをキープするコールは足を組み替えて四の字フックを続ける。オグルは後方に左のパンチを続け、上体を起こしても背中を取られた状態が続く。残り20秒、ミラーが左腕を左足でフックしたところで初回が終了した。2R、オグルは左ローを連続で入れるも、アッパーから組まれる。オグルはシングルでテイクダウンを狙うが、ミラーはケンケンをし、取られた方の足の脛を腰に当てて耐える。続くシングルにギロチンを合わせたコールだったが、ここは首を引抜かれガードを強いられる。

ミラーはクローズドガードを取り、フックスイープへ。すぐに胸を合わせようとしたミラーに、オモプラッタを狙うが態勢に入れずエルボーを受ける。直後に両脇に足を差しれ、手首を引き寄せて後方回転、スイープを成功すると腕十字へ。バックに移行したミラーは、道着があるように腕を足でロックしてRNCを狙う。オグルの粘りに四の字フックに切り替えたコールは絞めを諦めたように、パンチを入れながら2R終了を迎えた。

3R、ミラーの右に負けず、前に出て右から左フックを決めたオグル。ボディから左ミドル、さらに左フックとオグルが攻勢に出る。振りの大きなアッパーは空振りになったが、勢いで上回るオグルが、組みついてテイクダウンを奪う。クローズドガードのコールに左エルボーを連続でオグルが落す。手首を掴めて防ごうとするミラーだが、引き続きエルボーを受ける。

骨盤を蹴って距離を作ったミラーだが、立ち上がることができない。そのままエルボーを受けるミラーは、クローズドガードから頭を引き寄せるという苦しい展開に。上体を起こしたオグルがエルボーを落す。ケージを背にしても、頭をつけられ立ち上がることができないミラー、ワキをすくってバックを伺うも、オグルは胸を合わせてトップをキープ。ミラーのアップキックが決ったか、ここで試合は終了。両者が手を挙げて、勝利をアピールする。結果、ジャッジ3者が29-28をつけミラーが逃げ切り判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Movie