この星の格闘技を追いかける

【Bellator105】ブルックスがスマートに戦いアワッドにリベンジ

<シーズン9ライト級T準決勝/5分3R>
ウィル・ブルックス(米国)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
サヤッド・アワッド(米国)

右手を腰の横まで下げた独特の構えで試合をスタートしたブルックス。すぐにガードを上げ、試合開始30秒後にはテイクダウンからサイドを奪う。ボディにヒザを入れるブルックスがニーインから腕十字を狙ったところで、アワッドはケージを蹴り上げて向きを入れかえる。両膝立ち状態のアワッドにヒザ蹴りを狙ったブルックス。アワッドは、ヒザの下を掻い潜るようにして立ち上がり、ブルックスの腰をコントロールしてトップを取り返す。

アワッドはマウントを奪うが、ブルックスがブリッジから再びトップを取り返す。クローズドガードで固めるアワッドは、蹴り上げを見せるも足を捌かれローキックからパウンドを受ける。ブルックスはアワッドの足関節狙いを体を捩じって切り抜け、そのままパスに成功。残り30秒、鉄槌を落としボディヒザを入れるブルックスは、磔ポジションからパンチを落とす。アワッドが懸命に腹這いになったところで、初回終了の合図が打ち鳴らされた。

2Rはブルックスのローでスタート。左右のローを蹴り、スイッチしてアワッドを挑発する。基本はオーソの構えで、左ローや左ハイを多用するブルックス。距離を詰めることができないアワッドだが、蹴りに合わせて左フックを振り回す。これはブルックスの思う壺で、アワッドの振りが大きくなると、すかさずダブルレッグでテイクダウンを決める。ギロチンを苦も無く切り抜けたブルックスが、ハーフから残りの足を引抜いたタイミングで、アワッドが起き上がって、足にしがみつきながらスタンドへ戻る。

ブルックスは慌てることなく、ダブルレッグでテイクダウンし再びトップをキープ。アワッドはクローズドから、蹴り上げを見せる。ブルックスが捌いて頭を入れてくると、アワッドは三角絞めへ。ここはそれほどタイトに絞めることができず、ラウンドが終わった。

最終回、構えを変えて重心が高くなったブルックス。途端に左ジャブを多用し、蹴りにつなげる。アワッドの左フックに組みついてテイクダウンを仕掛けたが、着地と同時に勢いを利用されガードを強いられる。マウントを取られた直後に、腰を押して立ち上がったブルックスは、直後に左フックに合せ、組みつくと腰をアワッドの腰をコントロールする。ここでブルックスは自ら距離を取る。初回や2Rほど軽快さが感じられないブルックスは、足を止めての打ち合いで反撃の右を受けると、ステップバック。追いかけてきたアワッドに組みついてテイクダウンを奪う。

両者動きが少なく、ブレイクが命じられると、残り時間は1分に。サークリングを駆使して、距離を取るブルックスに、怒鳴り声を上げて前に出るアワッド。しかし、気が逸ったところで簡単にダブルレッグで倒されてしまう。ブルックスは、サイドから抑えこみ時間の経過を待つ。起き上がろうとしたアワッドをネルソンで固め、バックを奪取。後方に投げようとしたところで、試合終了となった。結果はフルマークでブルックスに凱歌、8カ月ぶりの再戦でスマートに戦いリベンジを果たした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY