この星の格闘技を追いかける

【PXC40】レイジェスがヒザ蹴り一閃、テギュンを豪快KO

2013.10.25

Kyle Reyes vs Kim Thae-Kyun

【写真】この後、左フックでキム・テギュンの動きを止めて、フライングニーで試合を決めたカイル・レイジェス。キャリア4勝1敗。PXC参戦を視野に入れるフェザー級ファイターは、この名前をインプットしておくべきだ(C)MMAPLANET

<フェザー級/5分3R>
カイル・レイジェス(グアム/米国)
Def.1R 3分33秒 by TKO
キム・テギュン(韓国)

サウスポーのテギュンが右フック。レイジェスもジャンプしながらの右ハイキックを見せる。さらに右ストレートから前に出て左フックを返すレイジェス。テギュンもワンツーを返すが、レイジェスが強烈な右の蹴りを飛ばす。右アッパーから飛び込んで左フックのレイジェス、テギュンは首相撲からヒザ蹴りを突き上げる。一旦、距離が離れると細かくジャブとインローを当てるテギュン。レイジェスも勢いよく右ストレートを放つが、クリーンヒットはない。再びジャンプしての右ハイキック、左ローから右ミドルを蹴るレイジェス。テギュンはレイジェスの蹴りに左ストレートを伸ばし、ヒザ蹴りとボディ打ちでレイジェスをケージまで下がらせる。しかしレイジェスが右フックから返しの左フックを強振。下がるテギュンの顔面に右のヒザ蹴りを突き差すと、そのままテギュンは後方に大の字。レイジェスが豪快なKO勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY