この星の格闘技を追いかける

【UFC166】KJがUFC初勝利。パンチ粗くなるも押し切る

2013.10.20

<ライト級/5分3R>
KJ・ヌーン(米国)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 30-27
ジョージ・ソティロポロス(豪州)

左ジャブを伸ばすKJ、ソティロポロスは右へ回って距離を取る。距離をつめていくKJが、呼吸を整える。ソティロポロスはボディを2発受けたが、ステップを止めない。そして、KJが無理な姿勢で前に来ると、カウンターを狙う。KJは右ボディストレートをヒット、さらにボディを続ける。ソティロポロスは左ハイでKJの状態をのけ反らせようとする。残り2分を切って、ようやく前に出たかと思われたソティロポロスだが、左ジャブをくり返し、ステップを続ける。

一気に踏み込んで左を放つソティロポロスだが、これは動きが大きい。と、KJの右目をソティロポロスの左手の指がつき試合が中断する。再開後、KJの左ボディフックにソティロポロスも思い切り左を振るうが、やはり回りながらのファイトは変わらない。残り10秒、KJは踏み込んで右フックを決め、ソティロポロスがバランスを崩した。

2R、素早い左ジャブを見せるソティロポロス。戦術に変化を加えたか。体を傾けてパンチを振るうKJにハイを狙う。その頭を大きく振る構えから、右ボディを狙うKJ。ソティロポロスはヒザを返そうとする。左ジャブから、右ストレートを伸ばすKJはソティロポロスの後回し蹴りをよけ、テイクダウン狙いを切る。右ショートをヒットしたソティロポロスだが、右アッパーを受けそうになり下がる。残り2分を切り、シングルからドライブしたソティロポロスがケージ際にダブルレッグに移行してテイクダウンに成功する。背中を取られないように立ち上がったKJは左ボディを受けながら、左フックを打ち込む。

右の振りが大きくなったKJにソティロポロスは右ローを入れる。KJのパンチをよけて、蹴りを狙ったソティロポロス。追いかけながらのKJのパンチが粗くなる一方の2R終盤だった。最終回、ソティロポロスが前に出るとKJが距離を取るシーンも。いよいよパンチが大きくなるKJだが、右がソティロポロスを捉え動きが止る。

ソティロポロスのテイクダウン狙いを2度カットし、右を打ち込んだKJ。一度のテイクダウン、一発のクリーンヒットが試合の流れを変える。残り2分、ソティロポロスの左ジャブをかわしたKJが右フックを打ち込む。さらに接近戦で右アッパーを狙うKJに対し、ソティロポロスはローの連打から右ハイを打ち込む。

続く右ハイをかわして、右フックを打ち込んだのはKJ。右を続け、下がりながらの打撃の冴えを見せる。残り10秒、KJの勢いがソティロポロスを上回ったまま試合が終了した。結果は3-0でKJに凱歌が挙がり、UFC初勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

Movie