この星の格闘技を追いかける

【UFC166】体重超過も、フィーリがTKOでUFCデビュー

2013.10.20

<148.5ポンド契約/5分3R>
アンドレ・フィーリ(米国)
Def.2R0分53秒 by TKO
ジェレミー・ラーセン(米国)

体重オーバーとなったフィーリが右を決めてラーセンの動きが止る。組んできたラーセンにヒザを突き上げると、グラウンドに崩れる。背中を見せ、パンチを受けながら立ち上がったラーセンは大量の流血が見られる。それでも胸を合わせたラーセンは、ケージにフィーリを押し込む。フィーリが押し返し距離が離れると、レフェリーがドクターチェックを要請。

再開後、フィーリが右を打ち込みプレッシャーを与える。ラーセンも右を放つが、パンチで優勢なのはフィーリ。左ジャブから右を伸ばす。ラーセンは右ローに右を合わせると、バランスを崩したフィーリからトップを奪取し、インサイドからパウンドを落す。オモプラッタ、腕十字を素早い仕掛けで仕掛けるフィーリが、エルボーを受けながらスイープを決めてスタンドへ戻る、終了間際に右フックを入れたフィーリが初回を取った。

2R、右フックをヒットさせたラーセン。フィーリは右フックから左、続いて右ボディフックを決めるとラーセンが後退して、ヒザをつく。距離を詰めてパウンドをフィーリが落したところでレフェリーが試合をストップした。

PR
PR

関連記事

Movie