この星の格闘技を追いかける

【WSOF31】冴え渡るモラエスの蹴り、パロミーノの豪腕を封じ込める

<フェザー級/5分3R>
シェイモン・モラエス(ブラジル)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ルイス・パロミーノ(ペルー)

ワンツーから前に出たパロミーノ。モラエスがバックステップでかわす。意外にも慎重な立ち上がりになったが、すぐにパロミーノがらしく鋭いパンチから前に出る。パロミーノが右ロー、モラエスが左ミドルから右ハイを狙う。ここから間合いを取りあった両者、再び距離が近付くと火を噴くようなフックの応酬からモラエスが右ハイを放っていく。

右ローをきかせつつ、ハイとパンチを伸ばすモラエス。パロミーノもワンルーを返し、左フックをヒット。それでもプレッシャーを掛けるのはモラエスという展開のなかで、パロミーノのフックでモラエスがバランスを崩す。一気に攻勢に出ようとしたパロミーノは、逆にフックを飛騨し、勢いを持続できないなかで初回が終了した。

2R、引き続きパロミーノにプレッシャーを掛け、左ミドルを入れたモラエス。ケージに詰められる展開が多いパロミーノは左右のミドルから右ハイを受けそうになる。手が出ないパロミーノに対しモラエスは右ローから左フック。パロミーノはモラエスの蹴りの距離でパンチが出せず、大きく踏み込んだところでフックを受ける厳しい展開に。

モラエスは軽快かつ力強い右ロー&左ミドルを蹴り込み、右ミドルハイ。さらに前に出てきたパロミーノに左エルボーを打ち込む。パロミーノは右オーバーハンドを打つ際に頭が右に出るが、そこに左ミドルハイを狙われ、ローで前足を削られていく。ラウンド終盤、ようやくケージ中央に位置取りしたパロミーノがラッシュを掛けようと前進するが、モラエスがサークリングでかわして初回に続きラウンドを取った。



最終回、モラエスは左ハイ、そして右ハイとシャープな蹴りを持続する。持ち味を消されたパロミーノは蹴りばかりでなく、左ジャブでも前進を拒まれる。と、ようやく左ジャブから右アッパーでモラエスの懐に入ったパロミーノは、続いてダブルレッグで尻餅をつかせる。ケージ際で立ち上がったモラエスは、ボディにヒザ、そして右エルボーを放つ。

ここで離れたパロミーノに左右のハイを続けるモラエスは、距離が詰まると縦ヒジを繰り出し組みに。これを切ったパロミーノがワイルドな左右のフックを振り回すもここでタイムアップに。

バンタム級で戦っていたモラエスが、ライト級から落としてきたパロミーノをジャッジ3者が29-28をつける裁定で破った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie