この星の格闘技を追いかける

【Pancrase278】打撃戦を楽しんだ?! 日沖が復帰戦の内村からTD&トップコントロールで判定勝利

<フェザー級/5分3R>
日沖発(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
内村洋次郎(日本)

サウスポーの内村が左ミドルから左フック、さらに左ローを入れる。日沖は左ジャブを伸ばし、右ミドル。内村も下がらず左ストレートを見せる。内村は果敢に蹴りからパンチのコンビ、そこにローを散りばめていく。対して日沖は左ローを入れ、左ストレートに組み付く。ここで内村が払い腰を決めるも、スクランブルから日沖がケージに内村を詰めてトップを奪取する。

ハーフで二重絡みの内村、日沖は細かい左のパンチを入れる。足を抜きつつ、トップキープの日沖に内村は両ワキを差して抱え込む。残り30秒、パス狙いの日沖をクローズガードに入れた内村だったが、ポイントは失った。

2R、内村は左インサイドロー、続いて左ボディを入れる。日沖は左のアウトサイドロー、内村も左ローを続ける。内村の左を防いだ日沖は右アッパーから左フック、緊迫感のある打撃戦のなかで日沖は右ハイ、そして三日月蹴りを見せる。内村は左ローから左ミドル。勢いのある蹴りを繰り出す内村だったが、日沖は右のパンチに抜群のタイミングでダブルレッグを合わせてテイクダウンに成功する。

細かいパウンドを続ける日沖を抱え込む内村。日沖はスラムを3度繰り出す。抱えるのではなく立ちたい内村だが、その動きをすることで日沖の柔術を警戒しているのか。上体を起こした日沖は足首をコントロールしてパス狙いへ。左ヒザがマットについているところで、危うく内村の蹴り上げを顔面に受けそうになりつつも、距離を潰した日沖がハーフから、パスガードを決める。内村がハーフに戻したが、日沖は左ワキをすくいつつパスを狙う。ここで2Rが終了し、このラウンドも日沖が3票を獲得した。


ハイタッチからスタートした最終回。内村はスーパーマンパンチから左ミドルを入れる。日沖も三日月蹴りを返し、ニータップへ。ここは防いだ内村がサイドキック、続く左ミドルからスピニングバックフィストは空振りとなり、日沖が右ミドルを蹴り込む。内村は左ミドルを返し、バシーンという音が場内に響く。意地の蹴り合いから、日沖がワンツー。完全打撃モード、打撃戦を楽しんでいる感のある日沖に右から左で前進する。

左フックを受けて笑顔を見せた日沖は、急いでバックストップ。と、内村の左フックにテイクダウン。日沖は足を一本抜いて状態を固め、パスを狙う。残り30秒、背中をつけた状態の内村のリバーサル狙いを潰した日沖がパウンド、ここでタイムアップ。両者は笑顔で健闘を称え合った。

結果はフルマークで日沖の判定勝ち。内村も打撃でらしさを見せたうえでの敗北──復活の一歩を示した判定負けであった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie