この星の格闘技を追いかける

【Pancrase278】高谷裕之と対戦するナザレノ・マレガリエ 「人生で最後の時になって構わない」

Nazarno Malegarie【写真】鋭い視線でミット打ちを行うマレガリア (C)MMAPLANET

9日(木)、東京都渋谷区の和術慧舟會HEARTSで12日(日)に開催されるPancrase278に出場するナザレノ・マレガリエとルイ(イリアス)・サノデキスの公開練習が行われた。

ここでは高谷裕之と対戦するマレガリアの質疑応答の模様をお伝えしたい。キャリア24勝4敗、BellatorとUFCで戦った過去を持つブラジル在住のアルゼンチン人ファイターは高谷戦を控え何を語ったか。

──初めての東京だと思いますが、どのような印象を持ちましたか。

「パンクラスでヒロユキ・タカヤと戦うことだけでなく、マーシャルアーツの母国──憧れの国であった日本で戦えることにエキサイトしている。夢が現実になったよ」

──なぜ、日本に憧れていたのですか。

「僕は柔道をやっていて、それから柔術の練習をし世界王者になった。そこを経てMMAファイターになったので、日本は憧れの国だったんだ。子供のころから柔道とボクシングを父に習い、ずっと格闘技漬けの生活をしてきた。日本は格闘技の発祥の地だから、ここで戦えることが嬉しい」

──今回はアルゼンチンからやって来たのですか、それともブラジルからやってきたのですか。

「ブラジルだよ。15年前からブラジルに両親と住んでいるからね。チアゴ・タバレスとずっと一緒に練習してきた。15年前からトレーニングパートナーで互いに助け合ってきた。ちょうど同じ時期に試合があるから、ボクシング、レスリング、柔術、ずっと一緒に練習してきたので勝つ自信は十二分にある」

──長旅、季節も反対です。疲れはないでしょうか。

「ここには戦いに来たんだ。ロングフライトも関係ないよ」

──ベラトールやUFCで戦ってきて、今パンクラスで戦う。その意義を教えて下さい。

「パンクラスで戦えることは嬉しいよ。しかも、相手はタカヤだ。パンチが重いグレートファイターだ。そんな彼と日本、そしてパンクラスで戦うことは重要だよ」

──高谷選手の攻撃で最も気を付けているのはどこの部分ですか。

「パンチが強い。14KOもしているボクシングだ。彼も経験があるから、僕が何をやってくるか分かっているだろう。僕も彼が何をするのか分かっている。日曜日に勝つのは僕のほうさ」

Malegarie──虎のTシャツには何か意味があるのですか。

「僕はいつもタイガーのように戦ってきた。その試合が最後の試合になっても構わないという覚悟で戦ってきたんだ。その瞬間で人生が終わっても良いと思っている。

10秒で勝てるなら10秒で勝つ。5秒で勝てるなら、5秒で勝つ。1分を超えるかもしれないし、15分間になるかもしれない。どのような試合になっても、それが人生で最後の時になって構わない。それだけの気持ちで戦っている。そうそう、エル・ティグレのタトゥーもしているんだ」

──では、どのような試合をファンに見せたいですか。

「ここにはホリデーで来たわけでも、楽しみに来たわけでもない。戦うために来た。勝ちに来たんだ。勝ち方にはこだわらない。打撃でも寝技でも。テイクダウンでしてグラウンド&パウンドでも良い。柔術はずっと僕の方が強いはずだ。どの局面になっても問題ない。立ち技でもグラウンドでも、勝つのは僕だ」


■Pancrase278対戦カード

<ネオブラッドTバンタム級/3分3R>
○藤野敦史(日本)
×金太郎(日本)
※金太郎の右足甲部分の骨折欠場により不戦勝

<ネオブラッドTウェルター級/3分3R>
赤沢幸典(日本)
奈良貴明(日本)

<ネオブラッドTバンタム級/3分3R>
河村泰博(日本)
佐藤ヒデキ(日本)

<ネオブラッドTフライ級/3分3R>
鮎田直人(日本)
田中千久(日本)

<ネオブラッドTフライ級/3分3R>
若松佑弥(日本)
NavE(日本)

<フェザー級/3分3R>
渡辺謙明(日本)
齋藤拓矢(日本)

<バンタム級/3分3R>
長谷川孝司(日本)
林大陽(日本)

<バンタム級/3分3R>
山口亮(日本)
樋口武大(日本)

<フェザー級/5分3R>
日沖発(日本)
内村洋次郎(日本)

<ストロー級/5分3R>
砂辺光久(日本)
八田亮(日本)

<フェザー級/5分3R>
高谷裕之(日本)
ナザレノ・マレガリエ(アルゼンチン)

<ウェルター級/5分3R>
三浦広光(日本)
ジェームス・チェイニー(米国)

<ライト級/5分3R>
クリスMAN(日本)
ドミニク・ロビンソン(米国)

<バンタム級/5分3R>
瀧澤謙太(日本)
ルイ・サノデキス(カナダ)

<フライ級/5分3R>
古賀靖隆(日本)
春日井健士(日本)

<フェザー級/3分3R>
田村彰敏(日本)
啓之輔(日本)

<フライ級/3分3R>
上田将竜(日本)
藤井伸樹(日本)

<フェザー級/3分3R>
横山恭典(日本)
松岡嵩志(日本)

<バンタム級/3分3R>
神田周一(日本)
小宮稔大(日本)

<フェザー級/3分3R>
川那子祐輔(日本)
新居卓(日本)

<ライト級/3分3R>
林源平(日本)
草・MAX(日本)

<フェザー級/3分3R>
宮路智之(日本)
杉山和史(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie