この星の格闘技を追いかける

【UFN29】アスンソンが大接戦の末、ディラショー退ける

<バンタム級/5分3R>
ハファエル・アスンソン(ブラジル/5位)
Def.2-1: 28-29, 29-28, 29-28
TJ・ディラショー(米国/9位)

重い右ローを蹴り込むアスンソン。ディラショーの左ストレートに、右を合わせる。サウスポー主体、時折りオーソに構えるディラショーだが、徐々に左手前が増えてくる。と、ダブルレッグでテイクダウンを奪ったディラショー。アスンソンもすぐに立ち上がる。左から右アッパー、さらに左とディラショーがコンビネーションを見せる。低い姿勢が左ハイを繰り出したディラショー、手数でアスンソンを上回る。

受け身のアスンソンは、左ハイをキャッチするがテイクダウンは奪えない。と、アスンソンのテイクダウンをすかしたディラショーがバックに回り、スタンドながら両足をフックする。そのままRNCに入るディラショー、アスンソンはグランドに持ち込まれ、パームトゥパームの形でタイトに絞められる。

2度、3度と危ないシーンを逃れたアスンソンに対し、ディラショーは足を解く。起き上がったアスンソンが距離を取り直し、試合は残り30秒に。右ハイで足を滑らせたディラショーにショートの連打を見せたアスンソンだが、クリーンヒットはなかった。

2R、左ストレートをヒットさせたアスンソンに対し、ディラショーは左ミドルを見せるもキャッチされる。距離を取り直し、逆にミドルを入れるアスンソンがディラショーの前進をかわす。アスンソンはディラショーの左ミドルをキャッチして右を打ち込むと、テイクダウン狙いに対しギロチンへ。前方に一回転し、さらに頭を押し込むディラショー。アスンソンはアームインギロチンを続け、がぶりへ。ここでディラショーが起き上がり、試合はオクタゴン中央へ。

ディラショーの左、アスンソンのワンツーが交錯する。下がりながらのパンチに切れがあるアスンソン、ディラショーは1Rほど手数が出ないが、シングルからバックへ回りこむ。鼻血を滴らせるディラショーに胸を合わせて起き上がったアスンソン、左フックから右を打ち込むなど、2Rは取り返したか。

最終回、ディラショーの蹴りをキャッチしてテイクダウンを狙うアスンソン。打撃でリードしており、組技にはこだわらず距離を取り直す。アスンソンの左ミドルに右を合わせるディラショーだが、アスンソンのスイッチに攻勢に出ることができない。アスンソンのシングルを切ったディラショー、ケージ中央に戻ると左ミドルをまたも受け止められる。ディラショーは際でパンチを入れるが、ダメージを与えることはできない。

残り2分、アスンソンの右がヒットする。ディラショーもダブルレッグを見せるが、スピードがない。慎重に戦う両者、ディラショーは右ジャブを伸ばし左に続けるが、届かない。と、フックの連打から組みついたディラショー。アスンソンも体を入れ替えるが、テイクダウンは奪えない。残り15秒でディラショーの右が、アスンソンの顔面を捉える。動きが落ちたのか、落したのかアスンソンは攻撃に転じることなく、タイムアップを迎えた。

1Rはディラショー、2Rはアスンソン、最終回は際どいがディラショーの方が動きが多いラウンドとなった。結果、スプリットでアスンソンがジャッジの支持を2票集め、判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY