この星の格闘技を追いかける

【Bellator155】フェザー級屈指の好カード。カーランがダウン&BM奪い、カラキャニャンを破る

<フェザー級/5分3R>
パット・カーラン(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ジョージ・カラキャニャン(米国)

ベラトール・フェザー級屈指の好カード。まずはカラキャニャンが左ローを蹴っていく。カーランは右へ回りながら、頭を振って左ジャブをダブルで伸ばす。右ローを見せたカラキャニャン。左フックから右ローを思い切りカーランが入れ、カラキャニャンは後ろ回し蹴りで応える。引き続き右ローを入れるカーランはガードの上から右ハイ。カラキャニャンの跳びヒザをかわすと、左ジャブから前蹴りを伸ばす。

カラキャニャンは後ろ回し蹴りを空振りすると、続く右ローに左フックを合わされて腰からマットに崩れる。パウンドの追撃を狙うカーランをハーフから封じたカラキャニャンだが、カーランも一呼吸置き、落ち着いてパスを狙う。と、足が抜けている方とは逆に回り込み、一瞬にしてマウントを奪ったカーランは腕十字へ。これはすっぽ抜け、立ち上がったカラキャニャンがハイキックを狙うが、バランスを崩して再びガードを強いられる。ここで初回が終了し、カーランのラウンドとなった。

2R、カラキャニャンは開始直後にテイクダウンを狙ったが、これを切ったカーランがトップを取り、初回と同じようにパスを仕掛ける。足を戻したカラキャニャン、同時にカーランはパウンドを入れ、ディフェンスに頭を行くとすかさず足を抜いていく。パスを嫌がり、背中を見せたカラキャニャンのバックについたカーランは、足を一本入れる。そのまま横になり両足をフックしたカーランに対し、カラキャニャンは後方にパンチを放ち胸に合わせにいく。

腰をずらしてトップをキープしようとしたカーランだが、足を取りに行ったところを潰され──ここで初めてガードを強いられる。カーランはクローズドからラバーを狙う仕種も見せるが、残り30秒でブレイクを命じられる。カラキャニャンの後ろ回し蹴りは読まれ、この回もカーランが取った。


最終回、カラキャニャンの左フックをかわしたカーランが右ローを入れ、右ストレートを伸ばす。フィニッシュしか勝利はないカラキャニャンが前に出るが、右フックを被弾。と、カーランはニータップからバックへ。カラキャニャンが胸を合わせると、カーランがヒザを突き上げた直後にバランスを崩しガードに。このラウンドを落としても、致命傷さえ負わなければ敗北はないカーランが、攻め込まれないよう寝技を続ける。

カラキャニャンのパス狙いもディフェンスに徹することで時間が過ぎて──良しとできるカーラン、ギロチンやコムロックをカウンターで仕掛ける。残り30秒、カラキャニャンはハーフから肩固めを狙ったが、カーランが足を戻して万事休す。最後はガードのなかでもがくようにパンチを落としたカラキャニャンだが、判定で勝ち目はなかった。

「タイトルは狙いたいけど、今日のパフォーマンスは十分じゃない。もっと強くなって戻って来る」とカーランは語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie