この星の格闘技を追いかける

【UFC198】スクランブル出場のシャガス、初回を取るもスタミナ切れ。モラエスと痛み分けに

<ウェルター級/5分3R>
セルジオ・モラエス(ブラジル)
Draw.1-1:29-28.28-29.28-28
ルアン・シャガス(ブラジル)

サウスポーのシャガスが振りの大きなパンチを見せながら前に出る。組もうとするモラエスから離れたシャガスは引き続きパンチで前に出る。ローからパンチ、後ろ回し蹴りとヒットはしないが手を出し続けるシャガスが、左ミドルを入れる。ブロックの上から左ハイを入れたシャガスは、モラエスのテイクダウン狙いを切り、左右の構えから蹴りを放っていく。モラエスはロングアッパーを入れ、前蹴りへ。

シャガスの前進にテイクダウン狙いを切られるモラエスもパンチを返すが、やりたいことができているのはシャガスの方だ。ローを蹴り合った両者、シャガスは左ハイでダウンを奪う。シャガスはパウンドを数発落とし、自ら立ち上がりスタンドでモラエスを待ち受ける。直後に組んだモラエスだが、ここスプロールされ、シャガスの左で2度目のダウンを喫する。またもすぐにスタンドに戻ったシャガスが初回を取った。

2R、モラエスが右フックを打ち込む。シャガスは左フック、左ハイ、そして左ローとすぐに反撃へ。左側から攻撃でプレッシャーを与え、左ミドルを続ける。しかし、ショートノーティスの代役出場となったシャガスはスタミナが切れかかっているか。ワンツーから首相撲に組みヒザを見せたもののキレは落ちている。逆に右を返したモラエスが、ケージ際は右をいれる。前進にもいよいよ勢いがなくなったシャガスに対し、モラエスが前に出る力を強める。

それでも前蹴りやミドルで距離を作ろうとしたシャガスに組み付いたモラエスはギロチンから引き込む。ここはシャガスが耐え、モラエスがガードからパンチを入れる。残り1分でブレイクが掛かり試合がスタンドに戻る。モラエスはシングルからダブルにスイッチしてテイクダウンを狙うも、シャガスがバックに回る。モラエスの前方回転にも背中についたシャガス。モラエスは一瞬上を向いてから背中を預けて立ち上がると、シャガスを前方に振り落とす。見事なスクランブルを見せたモラエスがトップで2Rを戦い切った。

最終回、モラエスは右ロングから左ヒザをボディに入れる。口が開いているシャガスは接近戦で組まれると、引き込むようにガードを取る。モラエスはパス狙いからパンチを入れる。頭を押して足を戻すシャガス。ガードの中に戻ったモラエスの頭を両手で挟み込むように叩く。モラエスは意に介さず、パスを成功させるとシャガスの動きに合わせてバックへ。足をフックさせないで粘るシャガスが前転から足関節を狙う。

足を抜いたモラエスがバックをキープ、右足を入れてワンフックの態勢に。上を向いた時にモラエスの肩固め狙いに反応して立ち上がろうとしたシャガス。モラエスはバックに飛び乗るが、乗り過ぎの状態に。落とされても腕十字狙いという態勢を作ったモラエスだったが、シャガスはここも反応し十字も三角もセットアップさせず立ち上がる。直後にアンクルを狙うが、これはモラエスが防ぎタイムアップに。

結果、1-1のドローに。互いに微妙な顔つきで痛み分けのコールを聞き、肩を落とした。体調が万全の状態のシャガスを次回は見てみたい。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie