この星の格闘技を追いかける

【UFC165】疲れ目立ったプラゼレス、辛うじて判定をモノに

2013.09.22

<ライト級/5分3R>
ミシェウ・プラゼレス(ブラジル)
Def.2-1: 28-29, 29-28, 29-28
ジェシー・ロンソン(カナダ)

サウスポーのロンソンに対し、プラゼレスは右ハイを放つ。右ジャブから左ストレートを伺うロンソンにシングルで組みついたプラゼレスが、腰をコントロールし、右ヒザをついてロンソンの顔にパンチを見舞っていく。そのままテイクダウンを奪ったプラゼレスは、サイドからバック、マウントを伺うもロンソンが立ち上がる。直後にロンソンを持ち上げたプラゼレスが、テイクダウンを奪い直す。

アッサリとパスし、再びマウントを狙いながら、逆サイドに回ったプラゼレスが、流れるような寝技でロンソンを圧倒する。ニーインザベリーに対し体を起こしたロンソンだが、ここでバックマウントを許してしまう。

やや乗り過ぎの状態から、絞めを狙うプラゼレス。ヒザをついたロンソンの背中を伸ばしたプラゼレスが、再びRNCへ。ロンソンの動きに合わせ、マウントからバックを取り直したプラゼレスが、そのままバックマウントの状態で初回を戦い切った。2R、左ストレートを伸ばすロンソンだが、すぐにダブルレッグからテイクダウンを許し、バックを取られる。前方にプラゼレスを振り落そうとするロンソン。プラゼレスが背中をつかないよう、自ら背中を離れ着地したプラゼレスがテイクダウン狙いから、ロンソンをケージに押し込む。

ここでテイクダウンを奪えなかったプラゼレスは、肩で息をするようになっているが蹴りをキャッチし、左フックを振るいながら組みつき、ロンソンをホールディング・ダウンする。立ち上がってヒザをボディに入れるロンソンは、シングルを切って距離を取り直す。ロンソンは左ボディストレートから、左ハイ、ミドルと攻勢に。プラゼレスのテイクダウン狙いは切られるシーンが目立ち、強引にダブルで組みつきケージに押し込むも、ここもロンソンに立ち上がられ2Rが終了した。

最終回、右アッパーを決めたロンソン。疲れが目立つプラゼレスに対し、右ローから右ハイを見せる。頭を下げてボディを見せるロンソンに対し、距離をとるだけで組みつくこともできないプラゼレス。ロンソンは右サイドキックを見せると、ロンソンのフックにパンチを打ち返していく。間合いをとるプラゼレスに角度をつけて踏み込んだロンソン、右アッパーをかわされ組みつかれるも、プラゼレスはテイクダウンを取れないとみると、引き込みを見せる。柔術家の負けバターンにハマりだしたプラゼレスは、スタンドに戻り右フックをヒットさせるが、打撃戦のペースはロンソンが握っている。

残り1分、ここでプラゼレスが意地のテイクダウンに成功する。パウンドを落とし、腹固めで固めるプラゼレス。プラゼレスがバックに回りこもうとすると、ロンソンは足を抱えて声を挙げながらスラム、そのままパウンドを落としタイムアップを迎えた。スプリットにジャッジの判定が分かれた一戦は、プラゼレスが辛勝した。

PR
PR

関連記事

Movie