この星の格闘技を追いかける

【Bellator100】ケスラーがバックマウントキープで準決勝進出

2013.09.21

<シーズン9ウェルター級T準々決勝/5分3R>
ロン・ケスラー(米国)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
セルジオ・ジュニオール(ブラジル)

まずは左ミドルを見せたセルジオだが、ケスラーは2度目のローをキャッチしてテイクダウンを奪う。手首を掴み、蹴り上げるセルジオにパウンドを落とし、ケスラーは足を捌いてパスを狙う。胸を合わせてきたセルジオにアナコンダから、がぶったケスラーがスタンドに戻るとヒザをボディに入れていく。ケージに押し込まれ、ヒザを返すセルジオ。ケスラーもヒザを入れるが、動きは少ない。細かいパンチからパンチを続けるケスラーは、離れて右から右ハイを見せる。

セルジオは大外回りの素早い右、後回し蹴りを上段と下段で放つが届かない。ケスラーは組みついて再びケージまでドライブ、体を入れ替えたセルジオがケージ中央を取るが、すぐに組まれてまたケージに押し込まれてしまう。残り10秒、セルジオが体を入れ替えてヒザを突き上げるが、大きな動きがないまま初回が終了した。

2R、セルジオの右ローに右を合わせたケスラーが、ダウンを奪う。トップからパウンドを落すケスラーに対し、セルジオはヒザ十字へ。これを潰してバックを取ったケスラーが、バックマウントへ。襷からRNCを狙うも、セルジオは顎を引いて余裕のポーズを見せる。ケスラーはバックマウントをキープすると、セルジオは腿にエルボーを落とし、またも両手を広げてアピール。うつ伏せになり背中が伸びそうになったセルジオだが、ネルソンを受けても仰向けに留まる。

残り2分を切り、セルジオは上体を起こしてエスケープを計るがままならず、またも腕を広げてアピールする。エルボーを腿に続け、腕が首の回りにやってくると、後方にパンチを入れるセルジオ。右のパンチを続けるも、バックマウントから抜けるには、タイムアップまで待たないといけなかった。

3R、セルジオの飛びヒザを受けたケスラーが組みつくと、ギロチンへ。クローズドガードで固めるセルジオ、ケスラーは上体を2度、3度と起こすも首は解けない。両足を揃え立ち上がり、上体を起こしたところでセルジオが自らギロチンを解く。すぐにシングルに出たケスラーは、足首を掴んだところで動きを止めパンチを受ける。動かないケスラーだったが、腕十字を仕掛けられると、体を起こして腕を引抜いて、再びバックマウントへ。残り2分、2Rと同じような展開となり、ケスラーが判定勝ちを手にするタイムアップに時間が近付いていく。このまま試合は動かずタイムアップに。ケスラーが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY