この星の格闘技を追いかける

【PXC39】フライ級に注目のストライカー登場、ラウザがTKO

2013.09.14

<バンタム級/5分3R>
ジネル・ラウザ(フィリピン)
Def.3R by TKO
アダム・カカイ(フィリピン)

サイドキックから組みついたカカイが、その後もフックや右ローで攻める、ラウザは右ハイキックを放つと、この一発でカカイの腰が崩れる。持ち直したカカイ、攻め込みたいラウサ、ともにパンチが大振りになる。プレッシャーを与えるのはラウザだが、左目を腫らしたカカイも左ローから大きな右フックなどで、この局面を凌いでいく。残り1分、下がりながら左を伸ばすカカイに対し、ラウザが左フックをヒットする。カカイは組みつくが、すぐに離れラウンド終了まで打撃戦は続いた。

2R、左目が潰れているカカイが右ストレートから左ミドルを放つ。ジリジリと距離を詰めるラウザに左サイドキックを連続で見せ、距離を測りテイクダウン狙いへ。3度目の組みでようやくケージにカカイを詰めていく。しかし、テイクダウンを奪ったもののラウザにリバーサル、同時にマウントを許す。ラウサはパンチを落としアメリカーナを仕掛ける。かなり強引な仕掛けは極まらず、再びパンチ&エルボーへ。再びアメリカーナを狙うラウザだが、カカイは頭に腕を巻いて力で耐える。そのままラウザがマウントを続け、このラウンドも制した。

3R、右ローを放ち下がるカカイ。右を伸ばしても距離が合わない。と、ここでラウザの右ハイがカカイの頭部をかすめる。右ストレートを打ちこんだラウザは、右ローから左ジャブを放つ。下がるカカイの左ミドルを避け、右ハイをブロックしたラウザの左フックに組みつくカカイ。すぐに距離を取ると、互いにフックを振るい合う。ラウザは右ストレートを打ちこみ、カカイの左ジャブに左フックを合わせる。カカイのテイクダウン狙い、これを切ったラウザがヒザを頭部に入れるが、グラウンドだったと注意が与えられる。

再開後もテイクダウンを切ったラウザが前に出て、プレッシャーを与える。下がり続けるカカイは、右ストレートを受けて背中を見せる。ノーガードで歩み寄り、アッパー、左ストレートを伸ばすラウザは、ローに右を合わせる。ただ、下がるだけになったカカイ、ケージに詰まって構えるが、再び背中を見せて歩き始めたところで、レフェリーが試合をストップした。

PR
PR

関連記事

Movie