この星の格闘技を追いかける

【OFC10】イヴォルブのバロス、TDとコントロールで初陣飾る

2013.09.13

<フライ級/5分3R>
アムミロ・バロス(ブラジル)
Def.3-0
キアン・ファン(豪州)

イヴォルブMMA所属のバロスがMMA初陣で、キック系MMAファイターのファンと対戦する。どっしり構えたファン、バロスがローを放つ。左ジャブを伸ばし前に出るファンの右ストレートは空振りに。すかさず組みにいったバロスが、ケージにファンを押し込む。ヒザをボディに入れるファンは、体を入れ替えるとヒザがバロスの急所に。再開後、バロスの右ローをかわしたファンは左から右を入れる。バロスは粗い打撃を振るいながら、組みついていくも逆にケージに押し込まれる。

体を入れ替える両者、ファンがケージに押し込みながら左フックをバロスの顔面に入れたがブレイクが命じられる。左ジャブから前に出るバロスに対し、ファンの右ストレートは空振りに。と、ここでファンが左を打ち込み距離を詰めると、バロスが左右のフックを振り回す。ファンは自ら距離を取り直し、バロスのテイクダウン狙いに左フックをヒットさせる。バロスはそのままケージまでファンをドライブしたが、テイクダウンできないまま初回を終えた。

2R、大外回りの左フックから組みついたバロスが、この試合で初めてファンに尻餅をつかせる。頭を脇の下にいれ、ケージにファンを押し付けるバロスが立ち上り際にバックへ。ケージ際を移動するファンは、胸を合わせることができない。ホールディングダウンから、一気にグラウンドに持ち込んだバロスがバックマウントへ。一度は背中が伸びたファンだが、上体を起こす。

ケージを背に胸を合わせた立ち上がったファンに対し、バロスは右ワキを差し上げて再度テイクダウンへ。ハーフからパスを狙うバロス、ファンは左ワキを差し耐えると、ケージを蹴ってトップを取り返す。逆にハーフでトップを取ったファンがパウンドを落す。バロスの蹴り上げに立ち上がったファン、このラウンドはバロスのモノとなったか。

最終回、バロスのローに右フックを振り回すファン。さらに左フックを入れるも、バロスが右フックを打ち込んで組みつく。ファンはキムラでディフェンスをしたが、足を刈ったバロスがテイクダウンへ。ケージとファンの間に体を入れたバロスは、ヒザを滑らせてマウントを狙う。足を一本入れるファン、しっかりと背中をマットにつけさせられる。残り半分、エルボーを落したバロスだが、大きな打撃を入れることはままならない。ファンが足を戻しクローズドへ。ここで残り試合タイムは90秒を切る、足を払ってパンチを落すバロスがトップをキープ。

バロスはファンのスイープ狙いに、バランスをキープしてバックへ。前転からヒザ十字を狙ったファンは、立ち上がり際にパンチを受け、最後の最後に飛びこみながらパンチを打ち込んだが、時すでに落とし。すぐに試合終了を迎え、バロスが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Brave x Grachan

Gokikai Karate

ONEday