この星の格闘技を追いかける

【RFC31】藤野恵実&アラテン・ヘイリ出場、そして──あのブルーノ・ミランダが戦線復帰

Bruno Miranda【写真】ブルーノ・ミランダの戦線復帰は嬉しいか限り、ジョン・ドゥジェはデモンストレーション的なファイトとなるか (C)MMAPLANET

20日(水・現地時間)、5月14日(土・同)に行われる韓国ソウルのチャンチュン体育館で開催されるROAD FC31=韓国ソウル・チャンチュン体育館大会に藤野恵実が出場することが発表された。

ライト級王者クォン・アソルとミドル級のイ・ドルヒが階級を越えた=無差別級で戦う一戦、そしてバンタム級王者イ・ユンジュンがフェザー級でWEC&UFCベテランのジョージ・ループと戦う試合が決定、さらにDEEPミドル級チャンピオンRYOの対戦相手がユ・ドンシクと対戦する同大会。藤野の対戦相手ホン・ユンハはブラジリアン柔術とキックボクシングがベースでこの試合がデビュー戦となる。

パク・ジョンウン、イ・イェジ、ナム・イェヒョン、そしてイム・ソヒと次々の若い選手がデビューを果たすロードFCの女子MMA路線だが、初陣の相手に藤野は負けるわけにはいかない。またバンタム級でチェ・ムソンがアラテン・ヘイリと戦うことも晃になっている。ヘイリは16日の北京大会で佐々木郁矢を103秒TKOで倒し、現在5連勝中。チェ・ムソンは12月の上海大会でヂャオ・ジカンに判定負けを喫しており、CCTV5向けのカードといえる。

Mirnda's knee藤野×ホン・ユンハ、ヘイリ×チェ・ムソン戦が正式発表された前日=19日(火・同)にはブルーノ・ミランダの1年10カ月振りのROAD FC出場が発表された。2014年のRFC-Korea03とRFC16に参戦し、それぞれキム・ウォンギ戦、そしてイ・グァンヒ戦でKO勝ちを収めている。パンチもそうだが、イ・グァンヒ戦で見せたヒザ蹴りは鮮烈そのものだった。

その強打で自らの拳を壊したり、キックでも戦ってきたため今回がイ・グァンヒ戦以来のMMA出場となるミランダ。フェザー級転向を視野に今回は69キロ契約でジョン・ドゥジェと戦うことになった。アレッシャンドリ・バロス門下から、タイのタイガームエタイで身に着けた打撃能力は驚異そのもの。待望のMMA復帰、ROAD FCフェザー級戦線の台風の目となること間違いないミランダの復活だ。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie