この星の格闘技を追いかける

【UFN28】スペンサーが接戦制し、ユーリは3連敗喫す

2013.09.05

<ウェルター級/5分3R>
ショーン・スペンサー(米国)
Def.2-1: 30-27, 28-29, 29-28
ユーリ・ビルフォート(ブラジル)

いきなり飛びヒザを見せたユーリ、問題なくかわしたスペンサーに右ローを入れる。バランスを崩したユーリだが、すぐに立って前に出てくるスペンサーに右ヒザを突き上げる。左右にサークリングを使うスペンサーに対し、ユーリの後ろ回し蹴りは距離が合わないが、ローはしっかりと入る。スペンサーの左ジャブに鼻血をだしながらも、ユーリは首相撲からヒザを繰り出す。

右ローに右ストレートを合わせたスペンサーは、ダブルレッグを切ると右ストレートを入れていく。逆に右ローを入れたスペンサー、ユーリが肩で息をするようになる。スペンサーの右とユーリの左が交錯し、ユーリはヒザを見せるが、ケージに追い詰められてパンチを被弾する。離れると強烈な左右のローを入れたユーリが、残り40秒でニータップから尻餅をつかせる。すぐに立ち上がったスペンサー、そのまま大きな動きはなく初回が終了した。

2R開始直後にトップを取ったユーリ、試合はスタンドに戻る。ユーリのローにパンチを合わせようとするスペンサー、続いて左ミドルもキャッチしてパンチを放っていく。左から右を入れて、下がるスペンサー。ユーリの左ミドルに右を合わせる。ユーリの右ローが何度も決まっても、姿勢を崩さないスペンサーは、ユーリのシングルを切る。追い足が弱まったユーリ、スタミナがかなり切れて来たか。スペンサーは右をヒットが冴えるも、ユーリがローを連続で返す。蹴られてパンチを出すスペンサー、ユーリが下がる場面が増えてきた。

ローを蹴っては右に下がるユーリ、右ストレートには右を合わされそうになる。しかし、続くローでついにスペンサーの軸が乱れる。と、ユーリはシングルに出るも、自らバランスを崩してしまう。最後はスペンサーがユーリをケージに詰め打撃の展開で2Rが終了した。

最終回、ボディから右を伸ばしたスペンサー、さらに右を続ける。ローを返したユーリだが、手数は少ない。さらにローを続けるユーリ、バック肘を見せるなど接近戦を許さない。疲れが如実に見えるユーリだが、今度は左ローを蹴り込む。スペンサーはパンチを返すが、ダメージを与えるような一発はない。ユーリはダブルを切られたが、スイッチするなど懸命に時間を稼ごうとする。

ローも威力が無くなってきたユーリ、スペンサーも前に出る動きはほとんどない。シングルを切られたユーリは、組んでもヒザも上げられない。残り1分、右のローから左ミドルを放つユーリに、スペンサーは右のオーバーハンドを繰り出す。ユーリの左ミドルに、フックの連打を見せるスペンサー。前に出たスペンサーに対し、ユーリもフックを返し、最後は打撃戦のなかでタイムアップに。ユーリは両手を高々を掲げ、スペンサーは勝利の雄叫びをあげた。結果、ジャッジの裁定は2-1でスペンサーに、ユーリはストライクフォース、UFCとメジャーで3連敗となった。

PR
PR

関連記事

Movie