この星の格闘技を追いかける

【PXC53】公開計量終了 松嶋こよみ、初のフェザー級戦へ向け、無事計量パス

Dy vs Matsushima【写真】初のフェザー級戦、戦績は6勝4敗だがその潜在能力の高さは誰もが認めるディと松嶋のステアダウン (C)MMAPLANET

7日(木・現地時間)、明日8日(金・同)にフィリピンはメトロマニラのパサイ・シティ、ソレア・リゾート&カジノで開催されるPXC53の公開計量が同所で行われた。

第1試合に出場するアダム・カカイのオーバーから始まった計量は5ポンドオーバー0のアーニー・ブラカ、約3ポンドオーバーのマーク・アベラルドとミスをした選手が3人で出たがメインとセミではしっかりと4選手が体重を落としてきた。

【写真】強烈なローキックの持ち主、ウェルター級王者ゼバスチャンはオーレ・ローセンの指導を受ける(C)MMAPLANET

【写真】強烈なローキックの持ち主、ウェルター級王者ゼバスチャンはオーレ・ローセンの指導を受ける(C)MMAPLANET

日本から出場する松嶋こよみは現地の記者会見出席を固辞し、計量前日の現地入り。日本で体重を落として計量に挑み、バキバキ・ボディで無事パスした。ディを見て「意外に大きい」と印象を語った松嶋、明日はどのような試合を見せてくれるだろうか。

なおメインでスウェーデン×フィンランドという北欧対決でPXCウェルター級王座防衛戦に臨むゼバスチャン・カデスタムは計量前にサウナで落とし切り、ガチガチ・ボディを披露していた。

■ PXC53計量結果

<PXCウェルター級選手権試合/5分3R>
[王者] ゼバスチャン・カデスタム:169.3ポンド(76.79キロ)
[挑戦者] グレン・スパーヴ:169.8ポンド(77.02キロ)

<フェザー級/5分3R>
松嶋こよみ:144.8ポンド(65.68キロ)
ロランド・ディ:145.3ポンド(65.9キロ)

<バンタム級/5分3R>
マーク・アベラルド:137.8ポンド(62.5キロ)
パク・ハンビン:135.9ポンド(61.64キロ)

<フライ級/5分3R>
ライリー・ドゥトロ:125.9ポンド(57.1キロ)
ジョン・コルトン:125.2ポンド(56.78キロ)

<バンタム級/5分3R>
レックス・デララ:133.9ポンド(60.73キロ)
ダーウィン・サグリ:134.8ポンド(61.14キロ)

<フライ級/5分3R>
ファロモン・ガバロフ:125ポンド(56.69キロ)
アダムソン・トルビソ:125.1ポンド(56.74キロ)

<ライト級/5分3R>
ジェイピー・エスピノーザ:150.5ポンド(68.26キロ)
エイディン・ムルキ:154.2ポンド(69.94キロ)

<バンタム級/5分3R>
アーニー・ブラカ:140.1ポンド(63.54キロ)
スティーブン・ロマン:134.8ポンド(61.14キロ)

<フライ級/5分3R>
アダム・カカイ:127.8ポンド(57.96キロ)
アントン・ラーション:125.2ポンド(56.78キロ)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie