この星の格闘技を追いかける

【UFC164】ダウン奪った勝者ポイエー「三角は危なかった」

2013.09.01

<フェザー級/5分3R>
ダスティン・ポイエー(米国/6位)
Def.3-0:29-28, 29-27, 29-27
エリック・コク(米国/10位)

ますは左ローを見せたポイエー、さらに右ジャブから左ローを続ける。右のパンチ、左ローとコンビネーションのポイエーに、コクは左ローを合わせる。直後にダウンを喫したコクはパウンドの追撃を受ける。コクは三角絞めでポイエーを捉える。回転して下にならないよう、懸命に踏ん張るポイエーがエスケープに成功する。

再びハイガードから三角絞めを狙ったコクだが、ポイエーのパウンドの前に技を解く。試合はスタンドに戻ると、ポイエーがコクをケージに押し込むも、ここは距離を取り直す。左ストレートを被弾したコクは、さらに右ストレートを受けて腰から崩れ落ちる。懸命に足を効かしながらも、パウンドを連続で受けたコクが、脇を差して立ち上がる。すぐにテイクダウンを奪ったポイエーは、ダースチョークで絞めあげたが、コクはラウンド終了間際まで耐えきった。

2R、プレッシャーを掛けたポイエーが、左ストレート、追いかけてボディ、さらに左クロスから組みついてテイクダウンを奪う。ポイエーはコクのバックに回り、足をフックしてRNCへ。正面を向いたコクだが、しっかりとマウントを取られ、返せない。それでも両手をマットにつき、背中をケージに押し付けて立ち上がる。コクのファイティングショーツがずり落ちても、レフェリーはブレイクを掛けない。ケージを背にしながら、自らショーツを戻したコクはヒザを返すが、力はない。左に回りこんで距離を取り直したコクの右ジャブがポイエーに届くが、ダメージは与えられなかった。

最終回、ここもケージにコクを押し付けていくポイエー。ダブルをコクが切ると、シングルに移行するが、テイクダウンは奪えない。と、バランスを失ったポイエーが引き込み、コクがこの試合で始めてトップを取る。エルボーを落すコク、足を抜いていこうとするが、ポイエーは巧みに足を戻しクローズドガードへ。時間の経過を待てば、勝利が近づくポイエーは、試合を固めに来た。対して、KOか一本しか勝てないコクはエルボーを落していく。コクのエルボーが、ポイエーを襲う。背中を預けたポイエー、コクはバックマウントを奪取、残り1分となりRNCだけは防ぐポイエーは、立ち上がってコクを前方に落そうとする。手をついて粘るコク、ポイエーの腰が曲がり、再びグラウンドへ。残り10秒、強引にチョークを狙うコクだったが、これは極まらずタイムアップへ。

結果、29-27をつけたジャッジが2人でポイエーが判定勝ちし、「トライアングルは危なかった」が、「ダースはタイトだった」と意気揚々と語った。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Tricorder

Gokikai Karate

ONEday