この星の格闘技を追いかける

【UFC164】鉄人二世、イアキンタにフルマーク判定負け

<ライト級/5分3R>
アル・イアキンタ(米国)
Def. 3-0: 30-27, 30-27, 30-27
ライアン・クートゥア(米国)

左ジャブを出す鉄人二世。イアキンタも左ジャブを返していく。左ジャブを手相撲で止め、そのまま右ストレートを放ったイアキンタ。さらに左ボディフックから、右フックのコンビネーションを打ち込む。ライアンは左ローから、左ジャブを出しながら前に出るも、イアキンタの右アッパーに出足を止められる。パンチを被弾したライアンが組みつくも、イアキンタが回って距離を取る。

左に回るライアンに対して、右に移動し先回りするイアキンタは、蹴り足を掴んでテイクダウンを奪う。すぐに立ち上がったライアンが打撃戦を仕掛けると、劣勢のライアンが距離を取り直す。左アッパーを踏みこんで放つイアキンタ、パンチのバリエーションが多い。ライアンが首相撲からヒザを入れるも、右クロスは合わされ、さらに右ボディを効かされる。

ライアンは右ハイ、前蹴りと足技を使うもローをキャッチされ、テイクダウンを許してしまう。そのままトップから鉄槌を落したイアキンタのラウンドとなった。2R、左ジャブの応酬のあと、右ローを受けてバランスを崩したライアンが、そのまま足を取りテイクダウンを狙うも、イアキンタはすぐに立ち上がり、逆にケージに詰めてから距離を取り直す。シングルを仕掛けるも、動きが遅くなっているライアン、かなり削られてきたようだ。

イアキンタは左ジャブから右ボディフック、さらに思い切り右フックを打ち込む。ライアンはシングルから腰を取りケージに詰めるも、イアキンタはすぐに腕を剥がし距離を取る。ライアンの左ミドルを受けたイアキンタは、前に跳びこんで左フックから右ストレート、ワンツーから右ハイを蹴り込み、ここで間合いを取り直す。左ジャブを見せて、ローとライアンを圧倒するイアキンタ。最後にテイクダウンを仕掛けたイアキンタが、2回も制した。

最終回、かなり良いタイミングでダブルレッグを狙ったライアン。イアキンタはケージを背にして立ち上がり、左ジャブで攻めていく。ライアンは飛びヒザを繰り出したが、攻めが単発ですぐに打撃のプレッシャーを受けてしまう。簡単にテイクダウンを見切るイアキンタは、ミドルを受けても構わず前に出て、テイクダウン狙いにギロチンからダーティボクシングへ。

思い切りボディ、左右のストレートを放ち、ケージに詰まったライアンのバランスを右ローで崩す。左目の上をカットし、厳しそうな表情を浮かべるライアンに、右ストレートを容赦なく打ち込む。スピニングバックフィストを空振りし、バランスを崩すように引き込んだライアンは、立ち上がり際に思い切りボディから顔面にフックを連打される。そのままタイムアップとなり、イアキンタがフルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie