この星の格闘技を追いかける

【Pan BJJ】ルースター、新黒帯のムスメシが頂点に。ライトフェザーはジョアオ・ミヤオが優勝

Rooster【写真】芝本は3位、6月の世界大会にどのようなアプローチで取り組むのか。これで試運転は終了だ(C)IBJJF

17日(木・現地時間)から20日(日・同)にかけて、米国カリフォルニア州アーヴァインのブレン・イベントセンターにてIBJJF主催のブラジリアン柔術パン選手権が行われた。世界選手権への前哨戦として、多くの強豪が顔を揃えたこの大会の男子アダルト黒帯の部の模様を、まずは軽量2階級から紹介したい。 

<ルースター級決勝/10分1R>
マイキー・ムスメシ(米国) 
Def. by 6-3
ルーカス・ピニェーロ(ブラジル

優勝候補筆頭のムスメシ(AOJ)は、初戦で橋本知之(カルペディエム)との前年度茶帯世界王者対決を僅差で制して決勝進出。もう一方のブロックからは、ヨーロピアンでカイオ・テハを追い詰めた芝本幸司(トライフォース)が勝ち上がって来ることが期待されたが、その芝本は準決勝でルーカス・ピニェーロ(チェックマット)にアドバンテージ差で惜敗。もっとも可能性があると思われたこの最軽量級においても、日本人は決勝進出を果たすことができなかった。

フレッシュな顔合わせとなった決勝戦は、ダブルガードからベリンボロの攻防というモダン柔術戦に。ムスメシはやがてピニェーロの左足を引きつけると、そこに両足を絡ませてのトラックポジション(ツイスター/股裂き/膝固めを狙う時の体勢。ちなみにノーギ柔術においてこの体勢からのバック取りの屈指の名手であるゲイリー・トノンは、これを「クロスボディーライド」と呼ぶ)を作る。さらに背後に付いてみせ、そこから腕十字を仕掛けてアドバンテージを連続で奪取。

さらにベリンボロで攻め込むムスメシだが、かわしたペニェーロは立ち上がって上からの攻撃を選択。左のズボンの裾を掴むと、右に回ってサイドでムスメシを抑え込むことに成功――3-0とリードした。

なんとかポジションを戻したムスメシは、やがて50/50のポジションを作って上を取って2点返す。残り時間が少なくなり、シーソーゲームを繰り返しても勝てないムスメシは、再びダブルガードの体勢から足の取り合いに持ち込むと、下に潜り込んでピニェーロの尻を掴むことに成功。そのまま引き寄せて再びトラックポジションを作って再びバックに回ると、ついには両足フックを完成。4点追加して6-3と逆転してみせた。そのままムスメシがバックからチョークを狙ううちに、時間が経過して試合終了となり見事な逆転勝ちによる初優勝を飾った。

ベリンボロ同様に下に潜り込んでバックを奪う技術であり、ノーギにおいてはグリップに頼らなくて良いぶんベリンボロより重宝されるトラックポジションを有効利用し、新しいモダン柔術の形を見せてくれたムスメシ。そして難攻不落と言われていたそのムスメシのガードを一度はパスしてみせたピニェーロ。世界選手権では、そこにマルファシーニ、テハ、ジョアオ・ミヤオの3人が加わるとしたら……ヨーロピアンで芝本がテハに肉迫したことで、世界が見えて来たと思われたこの最軽量級だが、なんと世界の壁の高く厚いことか。そう実感させられたこの決勝戦だった。

Light Feather<ライトフェザー級決勝/10分1R>
ジョアオ・ミヤオ(ブラジル)
Def. by 2-0
ガブリエル・モラエス(ブラジル)

大本命のミヤオ兄弟の弟ジョアオ(シセロ・コスタ)は、2回戦にて、ヨーロピアンの雪辱を図った玉木強(カルペディエム)を絞めで返り討ち。順調に決勝に進出し、ベテラン元世界王者のガブリエル・モラエス(アリアンシ)と対決した。

試合は、ダブルガードからのベリンボロを打ち合うモダン柔術戦に。ダブルガードで仕掛けないことで、両者にマイナスアドバンテージが加算されてゆく。やがて上を選択してアドバンテージを獲得したジョアオは、ディープハーフガードを取るモラエスに対して、ニースライドパスを仕掛ける。モラエスの裾を引き出して、首の下から回して取って上半身を殺した上で視座を抜きに掛かるが、モラエスは抜かせず逆に下からジョアオの裾を股間から回して掴み――シッティングから立ち上がってのスイープを仕掛けてアドバンテージを取り返してみせた。

その後再びダブルガードの体制に入ると、ジョアオは足首固めを仕掛ける、逃げようとするモラエスとともに回転して場外に。これが逃避とみなされ、それまでマイナスがたまっていたモラエスに対してジョアオに2点が加算される。これで点差を付けたジョアオは、その後のモラエスの足関節やパスガードの試みをやり過ごして試合終了。優勝を飾った。

代名詞のベリンボロに加えて、タイトな上攻めと、モダン柔術戦におけるマイナスポイントの入り方を考慮した頭脳的な得点稼ぎ。良くも悪くもこれが競技柔術の最先端と思わせるミヤオ弟の戴冠劇だった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie