この星の格闘技を追いかける

【RFC30】韓国キック界からまたもMMA転向、オ・ドゥソクが北京でデビュー戦

Oh Du-Suk【写真】チェ・ムギョムという距離の魔術師が頂点のROAD FCフェザー級戦線でオ・ドゥソクはどこまでトップに近づけるか(C)MMAPLANET

4月16日(土・現地時間)、中華人民共和国北京市の北京工人体育館で開催されるROAD FC30で韓国を代表するキックボクサーのオ・ドゥソクが出場し、ヤン・チョンカイと対戦することが発表されている。

元K-1 MAXファイターのクォン・ミンソクに続き、韓国キック界からオ・ドゥソクがMMA転向を果たし、ロードFCで初陣を戦うことが決まった。オ・ドゥソクを韓国国内でムエタイ代表として、テコンドー勢の挑戦を受けるなど立ち技格闘技界の第一人者として活躍してきた。

WBKFの70キロ王座、WMTF韓国ウェルター級王座につき、ボクシングのOPBFランカーとなり、WBOではアジア太平洋ライト級タイトルを獲得している。K-1やシュートボクシング・ルールでも戦い立ち技百般オ・ドゥソクの相手は、散打からMMAに転じたヤン・チョンカイ。手が合う相手であるが、軽量級・男子では注目選手に厳しいマッチメイクをするロードFCだけに、アックジョン・ジムとチーム・ポマでのトレーニングの成果がどれだけ表れるか。

また、同大会ではTUF Chinaベテランのアルバート・チェンと石原雄基、アテラン・ヘイリと佐々木文也戦と日本人2選手の出場も決まっている。

この4月北京大会に続き、5月は14日にソウル大会が決まっているロードFCが、6月25日(土・同)に湖南省長沙(フーナン・チャンシャー)でROAD FC32を開催、現地のフーナンTVでリアリティTVショー・シリーズを制作することも発表されている。

■ 第二部 対戦カード

<無差別級T準決勝/5分3R>
チェ・ホンマン(韓国)
アオルコロ(中国)

<女子ストロー級/5分2R>
イム・ソヒ(韓国)
エン・シャオナン(中国)

<無差別級T準決勝/5分3R>
マイティ・モー(米国)
ミョン・ホンマン(韓国)

<72キロ契約/5分3R>
バオソルグロン(中国)
キム・スンヨン(韓国)

<バンタム級/5分2R>
アラテン・ヘイリ(中国)
佐々木郁矢(日本)

■ 第一部 対戦カード

<フェザー級/5分2R>
ホ・ナンナン(中国)
ムラット・カズガン(トルコ)

<ライト級/5分2R>
アルバート・チャン(カナダ)
石原裕基(日本)

<フェザー級/5分2R>
ヤン・チョンカイ(中国)
オ・ドゥソク(韓国)

<バンタム級/5分2R>
ジョン・シャオラン(中国)
ジャン・イクファン(韓国)

<フェザー級/5分2R>
シャン・リャンルー(中国)
キム・セヨン(韓国)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie