この星の格闘技を追いかける

【UFN27】水垣が激戦制し、笑顔で勝ち名乗り受ける

2013.08.29

<バンタム級/5分3R>
水垣偉弥(日本)
Def.2-1: 29-28, 28-29, 29-28
エリック・ペレス(メキシコ)

メキシカンムード一色の入場を行ったペレス、タッチグローブから水垣はハイをブロックし、フックを受けても、殴り返す。思い切りパンチを振るう水垣、姿勢を下げるとペレスが前蹴りを狙う。頭を下げるペレスの右フックに、同じ右フックを合わせる水垣は、飛びヒザにパンチを合わせる。ここでペレスが、組みついてテイクダウンへ。尻餅をついた水垣は、正座の状態から一気に立ち上がる。

腿の裏でクラッチし、再び水垣を倒したペレスだが、すぐに立ち上がった水垣がケージに押し込んでいく。距離を取った両者、水垣の右ミドルを掴んだペレスが、再びケージに押し込みテイクダウンを狙う。尻餅をついて、足を束ねられた水垣は、立ち上がり際のヒザを防いでスタンドへ。

ペレスの右をよけ、左を入れた水垣がダブルへ。テイクダウンを奪い、ペレスの立ち上がり際にバックに回る。残り40秒、襷掛けからヒザ、正面に回ってダブルを狙った水垣だが、ペレスが体を入れ替え、逆にケージに押し込まれた状態で1R終了を迎えた。

2R、左フックを入れた水垣。右フックに左フックを狙うも、やや振りが大きいか。オクタゴン中央で水垣が右ストレートをヒットさせる。さらに右から左を打ち込む水垣、右ヒザを入れるがケージに押し込まれる。ここも回り込んで、距離を取り直すと、水垣は前蹴りにサイドステップから右、さらに左を入れてリードする。ペレスの右を肩でブロックするも、歓声が挙がる場内。左フックの打ち合いで、競り勝った水垣は、ここで再びケージに追い込まれる。

テイクダウンを許したくない水垣、正座状態で耐える状態が続く。ヒザを受けて立ち上がった水垣、このボディへのヒザは要注意だ。ペレスの飛びヒザにも飛びこむ水垣、残り10秒でテイクダウンを切り、2回が終了した。

最終回、ペレスの右ローで下がった水垣は、左ボディから右を決める。打ち合いのなか、ペレスの蹴り足を掴んで倒した水垣が、バックに回り込む。すぐに正面を向いたペレスが、距離を取る。低いダブルレッグに尻餅をつき、足を束ねられた水垣だが、起き上がるとバックを取られそうに。水垣はすぐに胸を合わせ、逆に腰を捩じってテイクダウンを奪う。

完全にトップを取った水垣、ペレスの起き上がり際に再びバックに回り込む、一気にRNCに持っていった水垣だが、これを切り抜けたペレスが立ち上ると、両者、思い切りフックを振るう。ここでペレスは再びテイクダウン狙いへ。ケージを背につけた水垣が立ち上がると、態勢を入れ替える。

残り30秒を切り、胸を合わせて組み合う両者。水垣がケージに押し込む展開のなか、最後は殴り合いから組みつき試合を締めくくると、多くの観客が立ち上って両者に拍手を送った。結果、裁定はスプリットで水垣に。キャンバスを叩きつけ、涙を見せなかった水垣は、笑顔で勝利者コールの余韻に浸った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie