この星の格闘技を追いかける

【UFN27】日沖、エルキンスに『実力』負け。厳しいUFC3連敗に

2013.08.29

<フェザー級/5分3R>
ダレン・エルキンス(米国)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
日沖発(日本)

地元エルキンスに大きな歓声が送られ、日沖にはブーイングが浴びせられる。左ジャブをヒットさせる日沖、エルキンスの右にはしっかり反応している。サウスポーへのスイッチも見せる日沖は、蹴りに右を合わされそうになる。右アッパーや左右の大きなフックで印象点を稼ごうとするエルキンス、日沖は間合いを取り直すも、右を被弾する。ヒザに左ヒザを合わせられた日沖、左ミドルを二つ入れて前に出る。蹴り足を掴ませない日沖はボディから、前蹴りへ。さらに右をかわして、左ミドルを入れる。ボディを入れ、左ハイと日沖の攻勢が続く。

蹴り足を掴まれてもテイクダウンを許さなかった日沖がボディを入れると、逆にエルキンスが距離を取り直す。フックを受けた日沖だが、ボディを効かせてテイクダウンを切ってがぶる。残り1分、エルキンスが引き込み日沖がパウンドを落す。エルキンスのヒールからスタンドに戻った両者、シングルレッグで尻餅をついた日沖だが、背中をつけずにエルボーから顔面にパンチを入れる。このままパンチを入れて、ラウンドを戦い切った。

2R、エルキンスのパンチをいきなり被弾した日沖だが、相手の軸は乱れている。と、ニータップからギロチンを切ってトップを取った日沖。エルキンスは四つになり立ち上がるも、日沖は蹴り足を掴んで右の蹴りを放っていく。エルキンスの攻撃をバックステップでかわす日沖は、パンチを受けてもボディを返していく。サウスポーから左の蹴りを放つ日沖、2Rの手数はエルキンスが多いが、右ボディアッパーで下がらせる。さらに右ローをいれた日沖だが、ダブルレッグで尻餅をつかされる。

さらに背中をついた日沖、ケージを背にしてワキを差し、バックを許しそうになるとアームロックでリバーサルを狙う。ここでエルキンスがスクランブルの強さを発揮、トップを死守する。立ち上がった日沖だが、バックを許したままで残り1分へ。アームロックの日沖、そのまま引きこんでバックへ。胸を合わせようとしたエルキンスからトップを取る。バックから前方に落された日沖、ガードのままラウンド終了を迎え、このラウンドを失った。

勝負の最終回、まずは前に出たエルキンスが右を入れる。日沖は左ミドルを入れると、エルキンスの前進に左を合わせる。大きな右を振るうエルキンス、ここからダブルレッグでテイクダウンを取る。三角狙いの日沖だが、パンチを落され続ける。左から右のパウンドを落したエルキンス、日沖は頭を抱えにいく。立ち上がれない日沖、エルキンスのパウンドに頭が揺れる。残り半分、足を一本抜いたエルキンス。日沖は蹴り剥がせない状態が続く。

三角絞めを外された日沖、残り1分になるが立ち上がることができない。日沖はバックを伺うも、正面を取るエルキンスがネルソンからトップをキープする。エルキンスはトップをキープしたまま最終回を戦い抜き、観客の大きな声援を受けた。結果、裁定は3-0でエルキンスに。これで日沖は3連敗、改めて世界最高峰の厳しさが身に染みる結果となった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie