この星の格闘技を追いかける

【UFN85】如何ともし難い体格差、ハム・ソヒがハイアットに敗れる

<女子ストロー級/5分3R>
ベック・ハイアット(豪州)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ハム・ソヒ(韓国)

右を伸ばすハイアット、さらにボディを狙うが胸に当たる。ハム・ソヒは左から右を当て、ハイアットの前進に左をヒットする。ハイアットの左を被弾したハム・ソヒは左を返すが、右を受ける。打たれても前に出ることで、パンチを被弾する数も増えるハム・ソヒは左フックを当てられる。左を正中線に置き、右のショートから左フックを入れたハム・ソヒ。常に自分より大きな相手と戦う状況のなかで、前蹴りに右ストレートを合わされ尻餅をつく。

すぐに立ち上がったが、またも右を打たれたハム・ソヒは左フックも右を受けてやや動きが止まる。左が開くと右を真っ直ぐ伸ばすハイアットもボクシングが上達している。と、左フックを打ち込んでハイアット。最後にバックに回り、正対されたところで右を繰り出したハム・ソヒだったが、初回を落とした。

2R、頭を振りながらワンツーを打って距離を詰めるハイアット。ハム・ソヒは右前蹴り、間合いを取り直したハイアットがパンチの連打で前に出る。右を当てられるハム・ソヒ。ハム・ソヒの前進はダッキングでかわす。ハイアットはハム・ソヒの蹴りに右ストレートを合わせ、蹴り足を押し返すようにトップを奪取。ハム・ソヒが三角からオモプラッタ、これを抜かれたハム・ソヒが動きが止まりバックを奪われる。両足を入れたハイアット、ハム・ソヒが胸を合わせていくと腕十字へ。

腕を抜いたハム・ソヒに対し、ハイアットは後方回転から立ち上がる。ハイアットのスピニングバックフィストに合わせてハム・ソヒが組みつも、テイクダウンを取れず。最後に左ミドルを蹴り込んだハム・ソヒだが、このラウンドも取られた公算が高い。

最終回、距離を詰めに行くハム・ソヒ。左ミドルを入れ、右ジャブから左を伸ばす。疲れが見えるハイアットのテイクダウンを潰したハム・ソヒが、そのままステップオーバーして腕十字へ。落とされながらも、三角に入ったハム・ソヒの背中にヒザをハイアットが入れる。頭を抜いて立ち上がったハイアットが、思い切り右のパウンドを落とす。直後に立ち上がったハム・ソヒが左ミドルからパンチの連打、さらに左ヒザを入れる。ハム・ソヒがここで組みにいくが、離れて打撃を入れたい局面だ。

ハイアットは体を入れ替えてケージにハム・ソヒを押し込み、シングルレッグを仕掛ける。ハム・ソヒはヒザ蹴りをボディに入れるが、組み合いから逃れることはできない。右腕を差してケージにハム・ソヒを押し込みながら、ハイアットは時間の経過を待つ。残り10秒で離れた両者、最後の打撃戦にクリーンヒットはなくハム・ソヒが判定負けを喫した。

この階級で戦うしか、オクタゴンで活躍の場はないハム・ソヒだが、やはり体格差は大きくアトム級の増設まで体がもつか心配だ。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie