この星の格闘技を追いかける

【ShootoBR42】ノヴァの新鋭ビドゥ、BOXでウィルソンに圧勝

<修斗ウェルター級(70キロ)/5分3R>
バウミウ・ラサーロ・ビドゥ(ブラジル)
Def.2R by KO
クリス・ウィルソン(米国)

ビドゥはロー、ウィルソンは左を伸ばす。さらに右を打ち込むと、ビドゥが左フック、ここに左ハイをウィルソンが見せる。左に回りながら攻撃を仕掛けるウィルソンが、右ストレートを伸ばす。ビドゥも右を返す。互いに大振りの右フックを見せると、距離を取り直しウィルソンが小刻みなステップと組みのフェイントを見せる。ウィルソンは左ジャブから、右オーバークロスを見せるも、これは空振りに。慎重にウィルソンの攻撃を見るビドゥは左ジャブから、右ロー、右ボディストレートを放つ。

右ストレートから右ハイキックを見せたウィルソン、さらに右ローから右ストレート、組んでいくがビドゥが突き放す。残り1分、ビドゥは右を思い切り振るいプレッシャーを掛けると、ウィルソンのヒザ蹴りをいなして、右フックでダウンを奪う。ガードを取って、足回りを続けるウィルソンに攻撃を仕掛けなかったビドゥが、下がりながらの左フックや、アウトに出て引っ掛けるような右、さらにダウンを奪った右フックで初回を取った。

2R、前に出てくるウィルソンにパンチを合わせ、再度バランスを崩させたビドゥ。左ジャブが交錯するが、下がるのはウィルソンでビドゥはプレッシャーを強めていく。右を受けて、動きが鈍くなってきたウィルソンは、真正面から組みに行き引き込むも、パウンドの連打を受ける。距離を取ったビドゥはスタンドでブレイクを待ち、再開後も左ジャブでウィルソンの動きを止める。強引にアッパーを振るいながら前に出てくるウィルソンにカウンターを当て、下がるとボディのから顔面にストレートを打ち抜く。

テイクダウン狙いをカットし、左ジャブから右アッパー、右フックをビドゥが思い切り打ち込むと、ウィルソンはコーナーに詰まる。ヒザを受け、後退するウィルソンはプレッシャーに負けてコーナーに下がるのみ。さらにテイクダウン狙いから引き込んでも、ビドゥは付き合わない。立ち上がってきたウィルソンに、左フックから右アッパーを突き上げたビドゥが圧巻のKO勝ち。ノヴァウニオンの新鋭がキャリア7勝2敗とした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie