この星の格闘技を追いかける

【RFC29】フェザー級王座に挑戦するマルロン・サンドロ 「少しでも早く試合を終わらせる」

Marlon Sandro【写真】ロードFCの待遇には、会場入りの時間の早さ以外は満足しているマルロン・サンドロ (C)MMAPLANET

マルロン・サンドロが明日、12日(土・現地時間)に韓国ウォンジュのチアク体育館で開催されるROAD FC29でチェ・ムギョムの持つRoad FCフェザー級王座に挑戦する。

計量直後、韓国=ロードFC2戦目で手にした王座挑戦、そしてチェ・ムギョムについて尋ねた。

――計量とルールミーティングを終えたばかりのマルロンです。

「食事を摂って、水分を補給しながらリカバリーに励んでいるよ(笑)。減量は上手くいった。火曜日に韓国に着いた。試合の5日前だし、日本で戦っていた時と同じだね」

――時差や天候の差は気にならないですか。韓国は相当に冷え込んでいますが。

「寒いのは良いことだよ。暖かいブラジルで練習し、寒い韓国で試合をする。寒いところで練習して、暑い場所で試合をするよりずっと良いよ(笑)」

――なるほど! そうかもしれないですね(笑)。ところで2度目のロードFCでフェザー級王座に挑戦することになりました。

「オファーを貰った時は嬉しかったよ。それだけ責任のある戦いだからね。もちろん普通の試合でも、タイトルショットでもベストを尽くすよ。でも、タイトルショットはやっぱり気分が高揚するね。ベルトを家に持って帰ることを想像すると、モチベーションになるんだ。

息子が『パパ、この試合でチャンピオンになるの?』っていつも尋ねてくる。今回は『ベルトを賭けて戦うからね』と伝えると、大喜びしてくれた。絶対にベルトをブラジルに持ち返る。そういう気持ちになれるよ」

――チェ・ムギョム選手の印象は?

「スタミナがあるし、蹴りが上手い。ミドルとハイが特にね。グラウンドでもフィニッシュを狙うし、良いファイターだ。距離の取り方が上手い。レンジの外に立っている。だから、その距離を潰して接近戦で戦う必要がある。打撃だけでなく、テイクダウンも踏まえてね。

彼の試合をさせないでおくことが一番大切になるだろう。ただし、計量のときに実際は背が高くて驚いた。もっと背が低いと思っていたんだ。レオ・サントスと練習してきて良かった。ボクシング、ムエタイ、柔術を彼がどのような技を使ってきても、それは昔から僕らがノヴァウニオンでやってきたことだから何も問題にはならないよ。

きっと8月に戦ったキム・スーチョルのようにテイクダウンを狙ってくるだろう。それも大丈夫。今回は特にレスリングに力をいれてきたからね」

――ロードFCではチャンピオンになると1億ウォン契約が存在します。

「素晴らしい契約内容だ。金額的にも試合の機会がしっかりと用意される点についても。その前に試合に勝たないといけない」

――では明日の夜は韓国のファンにどのような試合を見せたいですか。

「どうだろうな……。とにかく良い試合をするよ。それはいつだって心掛けている。もちろん、勝利を目指す。ただ勝つだけじゃなくて、皆が満足する戦いを見せたい。ブラジルや日本のように僕のファンが韓国でも増えてくれるように、ね。

――タイトル戦は3Rで明確な差がなければ、延長戦があります。

「少しでも早く試合を終わらせたい。戦極のときと同じだよ(笑)。とにかく勝つこと。そうすればベルトやファイトマネーは後からついてくる」

■RFC29計量結果

<ROAD FCフェザー級選手権試合/5分3R+EXR>
[王者] チェ・ムギョム:65.9キロ
[挑戦者] マルロン・サンドロ:65.6キロ

<バンタム級/5分3R>
キム・スーチョル:61.8キロ
マーカス・ブリメージ:62.3キロ→61.8キロ

<無差別級/5分2R>
ジム・ゴンオ:132.6キロ
カルロス・トヨタ:120.7キロ

<バンタム級/5分3R>
キム・ミンウ:61.8キロ
ムン・ジェフン:61.55キロ

<46キロ契約/5分2R>
イ・イェジ:46.1キロ
下牧瀬美月:46.3キロ

<72キロ契約/5分2R>
パク・ウォンシク:72.5キロ
佐々木信治:72.5キロ

■ Young Guns 27 対戦カード

<ウェルター級/5分2R>
チャ・インホ:77.3キロ
ゲナディ・コヴァレフ:77.7キロ

<フライ級/5分2R>
ク・ボンヒョク:57.3キロ
カン・ヨンス:57.2キロ

<ウェルター級/5分2R>
ブレンゾリグ・バットムンク:76.1キロ
チェ・ウォンジュン:77.1キロ

<ミドル級/5分2R>
ラ・インジェ:84.05キロ
ジョン・ヨンジュン:83.45キロ

<フェザー級/5分2R>
ホン・ジョンテ:65.9キロ
イ・フソン:65.8キロ

<フライ級/5分2R>
キム・テギュン:57.7キロ→57.5キロ
コ・ギウォン:57.4キロ

<ウェルター級/5分2R>
キム・ヒョンミン:77.3キロ
イ・ジンギュ:77.4キロ

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie