この星の格闘技を追いかける

【KOG02】八隅孝平&チェ・ドゥホ、両者揃って結果はドロー

Yasumi vs Noh YeongAhm

【写真】あくまでも一本、勝利を狙った八隅孝平だったが、時間切れドローに(C)MMAPLANET

11日(日・現地時間)にソウルのグァンジン・スポーツセンターで行われたKing of Grappling。日本から出場した八隅孝平はノ・ヨンアムと、チェ・ドゥホはキム・ヨンオクと対戦し、ポイント無しルールということもあり、共に引き分けている。
Text & Photo by Choi Woo-Suk

<80キロ/8分1R>
八隅孝平(日本)
Draw.
ノ・ヨンアム(韓国)

低い姿勢で手を合わせ、首を取りにいく両者。ノ・ヨンアムが引き込むと、八隅はパスガードを狙うが、手首を掴まれて阻まれる。ノ・ヨンアムはラバーガードからハイガード、さらに三角へ移行するも、八隅がヒザを臀部に当ててエスケープ。続いで八隅は、ノ・ヨンアムの足首を捌いて、ヒザを割っていくが足を戻される。
 
2度ほど距離を取り直し、ガードに入った八隅が脇差しパスを狙うも、突っ込み過ぎたのか、ノ・ヨンアムがバックへ回り込む。右足を右手で抱えエスケープを図った八隅が胸を合わそうとするが、ノ・ヨンアムはその背中について両足をフックへ。上を向き、マウントをブリッジで返そう倒した八隅は、バックマウントを取られる。

暴れる八隅に肩固めを仕掛けたノ・ヨンアム。八隅はハーフガードからバックを譲りつつ、前方に振り落す。ノ・ヨンアムは同時に三角を仕掛けたが、首を抜いた八隅が立ち上ると、場内から大きな歓声と拍手が起こる。ガードを取ったままのノ・ヨンアムに対し、八隅はパス狙い。シッティングに対してはギロチンを仕掛ける。ノ・ヨンアムのスイープ狙いに、トップキープを選択した八隅。再度、ギロチンを狙った八隅、ノ・ヨンアムは首を引抜いてトップを取ろうとする。ここを譲らなかった八隅は、最後までパスを狙うが、ノ・ヨンアムが足を戻しフルガードを取ったところでタイムアップ、ドローとなった。

Choi DooHo vs Kim Yeongun<8分1R>
チェ・ドゥホ(韓国)
Draw.
キム・ヨンオク(韓国)

【写真】攻め続けた結果のドロー、ストライカーの印象が強いチェ・ドゥホだが、レスリング+柔術も強化されている

ダブルレッグ、ボディロック、がぶりと攻勢のチェ・ドゥホ。MMAファイターと柔術家同士の対戦が続いた中、試合内容で劣勢だったMMAファイターにあって、チェ・ドゥホが流れを変える。テイクダウンを許したキム・ヨンオクがそのまま勢いで後方に投げようとするが、チェ・ドゥホがトップをキープする。パスから上四方を取ったチェ・ドゥホは、ノースサウス・チョークを仕掛けるも、キム・ヨンオクがうつ伏せになって耐える。ならばとバックを狙ったチェ・ドゥホだったが、キム・ヨンオクは前方回転でガードに戻す。

チェ・ドゥホがアグレッシブにパスを狙い続ける。足を効かせたキム・ヨンオクが立ち上がる。一度はチェ・ドゥホを崩したキム・ヨンオクだが、結局潰されスタンドに戻ると、両ワキを差され反り投げでテイクダウンを奪われる。チェ・ドゥホがトップを取ったところでタイムアップ。攻め続けたチェ・ドゥホだったが、タイムアップ=ドローという結果に。

■King of Grappling その他の試合結果
<8分1R>
チェ・ワンギ(韓国)
Def.0分57秒by三角絞め
ジョン・ジンソク(韓国)

<8分1R>
ジョン・ドゥジェ(韓国)
Draw.
アン・スンホ(韓国)

<8分1R>
イ・ヒョンソク(韓国)
Draw.
ピーター・キャンベル(米国)

<8分1R>
ホン・ジョンギ(韓国)
Draw.
イ・パルム(韓国)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie