この星の格闘技を追いかける

【Roundup】2月23日~29日、ニュース総ざらい。REALにぺぺ参戦、修斗・DEEP・パンクラス情報も

Roundup【写真】国内外のMMA、キック&柔術からこぼれ話を (C)MMAPLANET、GLORY & DAVE MANDELL

過去1週間、記事にできなかった注目のニュースをかき集めて紹介、題してRoundup。本来は深く言及すべき情報ですが、当サイトのマンパワー不足が原因で紹介できなかった記事を総ざらいします。

【24日(水)】
・3月12日(土)に東京都文京区のTDCホールで行われるREAL04のヘビー級トーナメント準決勝で、アミル・アリアックバリと対戦予定だったクリスチャン・コロンボが体調不良により欠場、打役としてセネガルのぺぺ・セネガルと対戦することがFighting Globeより明らかとなった。ぺぺ・セネガルはその名の通り、セネガル出身で191センチ&110キロながら、信じられにスピードを備えているとのこと。セネガル相撲とコンバットサンボを習得しているそうだ。

【25日(木)】
・ONEより4月15日(金・現地時間)にMOAアリーナで開催されるフィリピン・マニラ大会でベン・アスクレンがニコライ・アレクサーヒンを相手にONE世界ウェルター級王座2度目の防衛戦に挑むことが公式アナウンスされた。なお、同大会にはONEでタイトル戦を経験している日本人選手も出場する模様だが、また正式発表されていない。

【26日(金)】
・4月24日(日・同)に開かれるエディ・ブラボー・インビテーショナル06の出場予定に入っていたアンドレ・ガルバォンが準備不足を理由に不参加になったとFLOGRAPPLINGが報じた。同トーナメントは16人の無差別級で争われ、UFC FIGHT PASSでストリーミング中継されることが決まっている。
一本勝ちすれば1万2500ドルのボーナスを獲得できるという同トーナメントはアジア勢の参加もエディは募っていたが、キム・ドンヒョン&青木真也は揃って出場を辞退したという話も伝わっている。ガルバォンが出なくなったEBI06だが、現時点ではヴィニー・マガリャエス、エディ・カミングス、ゲイリー・トノン、ユーリ・シモエス、ディーン・リスター、DJ・ジャクソン、マテウス・ジニズ、リッチー・マルチネス、ファビアン・ボラノス、ルスタム・チェシエフ、ブルーノ・バストス、エヴァンドロ・ヌネス、ルカス・ホシャという13人が出場予定だ。

【27日(土)】
・GLORYがESPNと複数契約を結んだと発表。昨年11月のミラノ大会と12月のアムステルダム大会がESPN3でライブ中継され、リプレイ中継はESPNEで行われていた。UC FIGHT PASSによるストリーミングが米国内ではブラックアウトになるかどうかはGLORYのリリースでは明らかとなっていない。
 なおGLORYでは4月16日にデンマーク・コペンハーゲン大会=Glory29を開催し、ニキー・ホルツケンがヨアン・コンゴロの挑戦を受けGlory世界ウェルター級王座防衛戦を行うことも併せて発表された。

Uesako・DEEP後楽園ホール大会で4月23日(土)に東京台東区のディファ有明で開催されるDEEP CAGE IMPACT2016で長倉立尚と上迫博仁のフェザー級マッチが実現することが発表された。両者は昨年、TV東京で放送されたRoad to UFC Japanに出演。フェザー級トーナメントにUFCとの契約をかけてエントリーしていたが、上迫は練習中の負傷が原因で脱落、長倉はDJ.taikiに判定負けしている。

Matsumoto vs Kawana・プロ修斗公式戦・新宿フェイス大会で、4月23日(土)に千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで松本光史と川名雄生の間で、修斗世界ウェルター級(※70.3キロ)王座決定戦が組まれることが明らかとなった。両者は昨年7月に松本の持つ環太平洋ウェルター級王者に川名が挑み、挑戦者優勢という展開でドローとなっている。

【29日(月)】
Togashi・パンクラスより4月24日(日)の東京都江東区ディファ有明大会=Pancrase277に冨樫健一郎が出場し、JJ・アンブローズと対戦することが発表された。昨年は闘裸男=修斗とパンクラスで3連勝の冨樫は12月にウィル・チョープに判定勝ちして以来の試合となる。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Movie