この星の格闘技を追いかける

【UFN84】ムサシがレイチを完封

<ミドル級/5分3R>
ゲガール・ムサシ(オランダ/9位)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ターレス・レイチ(ブラジル/10位)

試合開始直に組んでムサシをケージに詰めたレイチ。右ワキを差したレイチが、前に崩そうとしムサシが耐える。引き込んだレイチは即シングルからダブルへ、再びケージにムサシを押し込んでいく。離れたムサシにワンツーを振るうレイチ、そこに左ジャブをムサシが入れる。ムサシは引き続き左ジャブでレイチの前進を止め、左ローを入れる。レイチも右ローを返すが、ジャブを受けるシーンが多い。苦し紛れのレイチのテイクダウンは決まらない。再び引き込む形になったレイチだが、ムサシは寝技には付き合わなかった。

2R、思い切り左フックを振るうレイチだが、逆にカウンターを被弾する。テイクダウン狙いにも、ワンツーにも右を顔面にもらってしまうレイチ。ムサシは続いてワンツーを伸ばし、ローからもう一度ワンツーを繰り出す。レイチはここで左フックをヒットさせるが、続くシングルを切られジャブを入れられる。引き続き左ジャブ、時折り左フックを打ち込むムサシのペースで試合は進む。鼻血を流し、懸命にパンチを出すが逆に左ジャブを被弾し、テイクダウン狙いも潰されるレイチが厳しい状況が続く。ついにテイクダウン狙いから引き込むようになったレイチ、いよいよ局面を打撃できず手詰まりの状態となってしまった。

最終回、左目を塞がっているレイチが積極的にフックを振るうも、続くテイクダウン狙いから早々に引き込む。ガードのなかで細かいパスを見せ、時間が過ぎるのを待つムサシは1分が経過するとスタンドに戻る。ムサシは左ジャブ、左ロー、そしてワンツーを打ち込む。引き続き左ジャブでレイチを翻弄するムサシが右ストレートから左フック。レイチの荒く振り回すようなフックがムサシの顔面を捉える場面も見られたが、長続きはしない。

またもテイクダウンから引き込んだレイチ、ここではムサシも付き合う。パンチ&エルボーを落とすムサシの勝利は決定的だ。レイチは最後にラバーガードを仕掛けパンチを入れるも、ムサシは敢えてラバーを外そうとせずタイムアップを迎えた。

フルマークで判定勝ちのムサシだが、解説のダン・ハーディは「これはテンターテイメント、お客さんがチケットを買うという試合をしないといけない」と酷評した。さらにケージ内のインタビューでもフィニッシュを狙わなかったことを尋ねると、ムサシは「相手が強いんだ。そういう相手をフィニッシュするのは簡単じゃない」と返答した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie