この星の格闘技を追いかける

【PXC38】アルバレスが積極性と最終Rのトップキープで判定勝利

2013.08.09

Alvarez vs Reyes

【写真】アルバレスの勝利にサイパンのファンが多いにわいた(C)MMAPLANET

<バンタム級/5分3R>
ショーン・アルバレス(北マリアナ諸島/米国)
Def.3-0
トニー・レジェス(グアム/米国)

サウスポーのレジェスに対し、アルバレスが組みついてケージへ。テイクダウンには失敗するが、鋭い蹴り技を飛ばす。レジェスも変則的な蹴りで応戦すると、アルバレスの蹴りがローブローとなり、試合は一時中断。再開後、アルバレスが右ストレートから飛び込んで右フック。これでレジェスに尻餅をつかせる。すぐに立ち上がるレジェス。アルバレスは右ミドルを蹴って前に出る。一旦、距離が開くと距離を探る展開が続き、アルバレスが右フックを強振。レジェスはコンパクトにジャブを当てる。ビッグヒットはないまま、このラウンドを終えた。

2R、左フックで前に出ていくアルバレス、レジェスはジャブと足を使って距離を取る。アルバレスはローやミドルを蹴るが、距離が遠い。ならばと左右のフックで前に出ていくが、レジェスは徹底したアウトボクシングを続け、アルバレスのパンチが空を切る。スタンドの攻防が続く中、レジェスがダブルレッグでテイクダウン、ハーフガードでアルバレスを寝かせてパンチを落とす。レジェスがケージを背にしたアルバレスからマウントポジションを取るが、そこでラウンド終了となる。

3R、アルバレスがインローと右フック。レジェスはジャブを当てて、右へとサークリングする。右→左フックで追いかけるアルバレス。組みついたレジェスはケージに押し込んでシングルレッグでテイクダウンを奪う。一気にサイドポジションを取ったレジェス。しかしアルバレスが脇を差して体を起こすと、逆にトップポジションを奪取、ハーフガードでレジェスを寝かせてパンチとヒジ打ちを落とす。レジェスもクローズドガードに戻して三角絞めやスイープを仕掛けるが、アルバレスがトップポジションをキープしたまま試合終了を迎える。スタンドで積極性を見せ、最終ラウンドにトップキープしたアルバレスが判定勝利した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie