この星の格闘技を追いかける

【ONE39】開始早々にヒヤッとするも、朴光哲はしっかりパンチ入れ最後はマウントパンチでTKO勝利

<71.5キロ契約/5分3R>
朴光哲(日本)
Def.2R4分04秒by TKO
ヴィンセント・ラトゥール(オランダ)

マスクマン姿で入場した朴は、70.7キロ、ラトゥールは71.5キロ。いきなりラトゥールの右ローキックでバランスを崩した朴は立ち上がり際にハイキックを受けそうになる。間合いを取った朴がジャブを伸ばすと、ラトゥールも右フックを返してスイッチする。朴は右ローから右ハイを見せ、ラトゥールの前進にはサークリング。ラトゥールは力が入り過ぎて、逆にバランスを崩し気味になる。

ラトゥールのローに、朴は左ジャブを返し右ストレートを狙う。ラトゥールは右フックを返し、朴が間合いを取り直す。サウスポーで構えるラトゥールがオーソに戻すと、朴は右ハイを狙う。ヴィンセント・コールのファン、ローを受けたラトゥールだが左ハイを返す。朴は左ジャブを入れてもローを受けてしまう。朴は右ボディから右ストレート、さらに強烈な左ジャブから右ストレートをヒットさせる。ラトゥールもローを返し、朴がつんのめえる。序盤の猛攻を見せたラトゥールだが、終盤のパンチの精度は朴が上回った。

2R、朴は左前蹴りから左ロー、さらに左ジャブを入れる。ラトゥールは飛び蹴りも朴はしっかりと距離を取る。右の拳を低い位置に置き、ラトゥールが前に出てくる左フックを朴が打ち込む。ラトゥールは左ローで前足を削りに。右アッパーから、ラトゥールの前進に左フックを合わせた朴。溜まらず組に来たラトゥールにヒザを入れて、突き放す。

口が開き気味になったラトゥールに右ストレートを入れた朴に対し、ラトゥールはエルボーを狙う上腕を当てていく。朴は回転バック拳から、ワンツーを入れラトゥールのダブルレッグを切ると、一気にマウントを奪う。左右のパンチをインサイドとアウトサイドから落とし、エルボーを連打する。顔面を覆うだけになったラトゥールにエルボーから右のパンチを連打した朴が、レフェリーストップでTKO勝ちを決めた。

両手を頭上で戦いファンの声援を求める朴は、ラトゥールと握手を交わしてから勝利者コールを受けた。「KOに秘訣はなくて、お客さんとONEのために戦った。ヴィンセントが声援に後押しされて凄くアグレッシブに来たので。サンキュー、ヴィンセント。次? ロシアンだろうがモンゴリアンだろうが、誰とでも戦う」と語り、両手を高々と掲げた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie