この星の格闘技を追いかける

【UFC163】ヤヒーラ・タイム完遂。3R落すも逃げ切り

2013.08.04

<フェザー級/5分3R>
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
ジョシュ・クロプトン(米国)

ワンツーを打ち込みながら前に出たヤヒーラ、さらに右前蹴りからワンツーを伸ばす。プレッシャーを与えるクロプトンは、待ちの姿勢か。アグレッシブに打撃を見せるヤヒーラは、シングルレッグで組みつくと足を抜きたいクロプトンを逃さない。胸を合わせたクロプトンだが、組み技はヤヒーラの庭だ。上を取ったヤヒーラはハーフから、勢いのあるパンチを落していく。足こそ抜かせないクロプトンは、パンチを受けながら背中をマットにつけた状態が続く。

パンチ&エルボーを落すヤヒーラは残り80秒でマウントへ。クロプトンはすぐにハーフに戻す。再び30秒後にマウントを取ったヤヒーラが、今度はポジションをキープしてパンチを落す。クロプトンが足を戻したところで初回が終了した。2R、左ジャブからワンツー、シングルレッグから足を持ちかえてテイクダウンしたヤヒーラは、アミールの態勢でパンチを落す。顔面がら空きのクロプトン、左腕を自由にするとケージを蹴り上げてエスケープを図る。しっかりとトップをキープし、ケージ際を離れるとマウントを取ったヤヒーラ。腰を落してクロプトンも足を戻すが、立ち上がることができない。残り1分50秒、またもマウントを取ったヤヒーラはしがみついてくるクロプトンに細かいパンチを落す。クラッチを切ったヤヒーラは上体を起こして、勢いをつけたパンチを入れる。クロプトンはハーフに戻し、ケージを蹴るも結局は下になったままで2Rのタイムアップを迎えた。

3R、スタミナが不安視されるヤヒーラは、スピニングバックフィストからのテイクダウン狙いをスプロールされ、ダブルで組みつくとスイッチから逆にテイクダウンを許す。トップを取ったクロプトン、ヤヒーラはヒップスローを狙うも腕を引抜かれ鉄槌を顔面に受けそうになる。ケージ際でガードを強いられるヤヒーラ、クロプトンは自ら立ち上がり、逆転を賭けて打撃戦を挑む。

飛びヒザから組みついたクロプトン、ヤヒーラのシングルをスプロールし、がぶってバックを狙う。手繰りを潰されたヤヒーラはケージを背にしてスクート。クロプトンは再びスタンドに戻るが、ヤヒーラは右ストレートを打ちこみ、シングルレッグでドライブ。頭を深く入れ、クロプトンが乗り過ぎると上体を起こして、後方にクロプトンを落してテイクダウンに成功する。残り20秒、トップキープのヤヒーラは、しっかりと試合をまとめ3Rを落しながら、逃げ切るヤヒーラ・タイムを完遂した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie