この星の格闘技を追いかける

【Bellator97】ブルックス、豪快スープレックスから試合を支配

<158ポンド契約/5分3R>
ウィル・ブルックス(米国)
Def.3R2分20秒by TKO
クリス・レイバ(米国)

初回、序盤にバックを取ったブルックスは豪快なバックスープレックスでテイクダウンを奪う。ブルックスはケージ際でレイバを押し込みトップキープを続ける。レイバが立ち上ろうとすると、そのままダブルレッグから大きくリフトアップしてスラム、再びグラウンドへ持ち込む。パスからサイドを取ったブルックス、足を戻したレイバがケージを背にすると、パンチを見舞うなど、初回は完全にブルックスのラウンドとなった。

2R、すぐにダブルレッグでレイバをドライブしたブルックス。そのままレイバの背中をマットにつかせる。ケージを背にしたレイバのボディにヒザを入れる。引き込むようにガードを取ったレイバは立ち上がり際にボディへのヒザを連打され、組まれるとまたもテイクダウンを奪われる。ケージ際から逃れられないレイバ、立ち上がってパンチからヒザ、ローを蹴り込み距離を取る。

レイバの必死の反撃を受け流すように、ブロックしてパンチを受け体を固めたブルックス。ゆっくりと歩を進め、ハイをブロックして左ボディを蹴り込む。下がるレイバにヒザ蹴り、さらに左ミドルから組みつくと、レイバは自ら引き込むようにグラウンドへ。左のパンチを受けたレイバ、手をつきながら立ち上がるも、その際にパンチとヒザを被弾した。

最終回、スタンド戦で懸命にパンチからローを入れるレイバだが、左ローを受けすぐに後退。ブルックスは左から右を放ち、ヒザを受け流し左ハイを蹴り込む。ローが効いたか、構えを変えたレイバはローを受けて再びオーソに戻すと、シングルレッグでテイクダウンを許す。足を越えてマウントを取ったブルックスは、バックマウントへ移行し顔面にパンチを落す。背中を伸ばして、防御もできないレイバにパンチを集中させると、レフェリーが試合をストップした。ブルックスがレイバに圧勝した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie