この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】4/11 ヘビー級の新鋭が参戦決定!!

2009.03.28

56197cdb4月11日(土・現地時間)にサンノゼのhpパビリオンで行われる新生ストライクフォース『Shamrock vs Diaz』。エリートXCの後を継ぎ、Showtimeでナショナル中継が始まる同イベントにヘビー級の一戦が加わることが、27日(金・同)に正式発表された。

【写真】キンボと乱闘騒ぎを起こしたロジャース。話題先行+ハイコストのキンボよりも先にストライクフォース出場が決まった (C)MMAPLANET

今回発表されたヘビー級マッチは、ブレッド・ロジャース×ロン・アボンゴ・フンフェリーの一戦。ロジャースが8勝0敗、ストライクフォースの発表ではフンフェリーも12勝0敗と、共に無敗を誇るファイターだ。

ロジャースは昨年5月31日に行われたエリートXCのCBS中継第一弾のTVオープニングバウトに抜擢されKO勝ちを収め、大会終了後の記者会見では、時の人=キンボ・スライスに対戦を迫り、乱闘事件を巻き起こした空気の読めない実力派。エリートXCで3連続KO勝ちとなったロジャースだが、その後、彼にチャンスは回ってこなかった。


11カ月ぶりの実戦復帰がShowtimeのライブマッチ――、優れた打撃とグラウンドでも穴のないスタイルが、ストライクフォースに評価され、今後の飛躍が期待されるヘビー級ニューパワー、それがロジャースだ。

そのロジャースの対戦相手フンフェリーは、昨年ブラック・エンターテインメント・テレビジョン(BET)で中継されたMMAリアリティシリーズ『アイアン・リング』に出演、ヒップホップ・プロデューサーのリル・ジョンのマネージメン下、ショーニー・カーターのコーチを受けていたジョージア州アトランタ出身のファイター。シリーズ中にK-1USA出場経験もあるジェフ・フォードやカルロス・モレノをハイキックでKOし、純粋なMMAファンとは違った層で、知る人ぞ知る存在になっている。

フランク・シャムロックやカン・リー、ジェイク・シールズにニック・ディアズ、ロビー・ローラーを擁するストライクフォース。今回のヘビー級戦にしても、玉石混合ではなく、軟鋼混合というべきラインナップを揃え、UFCとは一味違ったMMAを展開していきそうだ。

■Strikeforce『Shamrock vs Diaz』対戦カード

<179ポンド契約/5分3R>
フランク・シャムロック(米国)
ニック・ディアズ(米国)

<ストライクフォース世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者]ジョシュ・トムソン(米国)
[挑戦者]ギルバート・メレンデス(米国)

<女子フェザー級140ポンド契約/3分3R>
クリス・サイボーグ(ブラジル)
赤野仁美(日本)

<ミドル級/5分3R>
スコット・スミス(米国)
ベンジー・ラダック(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ブレッド・ロジャース(米国)
アボンゴ・フンフェリー(米国)

※他、Showtime中継枠以外のアンダーカードが5試合行われる。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie