この星の格闘技を追いかける

【FOX08】ジャブ当てたマクドナルド勝利も、消化不良の内容

<ウェルター級/5分3R>
ローリー・マクドナルド(カナダ/3位)
Def.3-0: 30-27, 29-28, 30-27
ジェイク・エレンバーガー(米国/4位)

慎重に左を伸ばすマクドナルド。エレンバーガーも冷静に、マクドナルドのパンチや蹴りを見切る。と、ワンツーで前に出たエレンバーガー、髪の毛が伸びて別人のような印象を与える。間合いの取り合いは2分半を過ぎても続き、エレンバーガーの右をマクドナルドはバックステップでかわす。マクドナルドは左ジャブ3つから、軽い右ハイを繰り出し、力が入りかかかった前蹴りを見せる。

距離を詰めてヒザを突き上げるエレンバーガー、徐々に攻撃に力が入ってくる。残り1分、右から左を打ち込んだエレンバーガー、マクドナルドはジャブから右ハイにつなげるも、両者ともクリーンヒットではない。残り10秒、前に出たエレンバーガー、突き放すマクドナルド。ポイントのつけようがない静かな初回が終わった。

2R、前蹴りをアゴ先に入れたマクドナルド。スイッチを見せるエレンバーガーは、オーソから前に出ようとするが、マクドナルドの左ミドルが行く手を阻む。マクドナルドは左ジャブを届かせると、プレッシャーを一気に強める。呼応するように左フックに力が入ったエレンバーガー。と、残り3分でエレンバーガーがダブルレッグを見せるも、マクドナルドが防ぎ、打撃の間合いが続く。マクドナルドの左ジャブに、エレンバーガーは左エルボーを見せるも空振りに終わる。

真正面から組みついたマクドナルド、エレンバーガーのヒザを外して右を打っていく。距離ができると右と左のハイを放つマクドナルドに対し、エレンバーガーは距離を詰めるきっかけを掴めない。マクドナルドは左ジャブを再びヒットさせると、エレンバーガーのワンツーを見切って前蹴りから、右ミドルへ。攻撃を受けないスタイルのマクドナルドが、このラウンドは制したか。

最終回、左から右を伸ばしたエレンバーガー、マクドナルドは前蹴りで突き放す。ブラジリアンキックを見せたマクドナルド、蹴りで間合いを測って左ジャブを伸ばす。さらに左ボディフックを入れたマクドナルドに対し、エレンバーガーのパンチは標的をとらえることができない。とエレンバーガーは左を入れ、距離を詰めてフック。マクドナルドはブロックして、また蹴りで距離を取る。と、自らの前蹴りでバランスを崩したマクドナルドは、すぐに立ち上がるがケージに追い込まれる。

左回りで間合いを外したマクドナルドは、ケージの傍を離れオクタゴン中央へ。残り1分、右を当ててテイクダウンをついに決めたエレンバーガー。背中をマットにつけたマクドナルドは、ラバーからすぐに足を戻してスイープを仕掛け、三角を狙う。残り10秒、オモプラッタを仕掛けたマクドナルドがバックに回るところでタイムアップに。まるで5Rマッチの途中、3Rが終了したような試合展開のまま、勝負は判定に持ち込まれることとなった。結果、3-0でマクドナルドが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie