この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX18】ノンストップ・スクランブルからバックを制したヘイスが、オーティズから判定勝ち

<フライ級/5分3R>
ウィルソン・ヘイス(ブラジル/12位)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ダスティン・オーティズ(米国/9位)

素早い左ジャブを繰り出すオーティズに対し、ヘイスは右ローから接近戦で右フックを振るっていく。オーティズも右ストレートを入れると、左ハイに右を合わせようとする。ヘイスは左ロー、組んだオーティズが右エルボーを見せて離れる。続く右ハイも届かず、組み合いのなかで両者がフックを狙う。離れ際にフックを入れたヘイスが右ロー。オーティズが右ミドルを返す。サウスポーの構えからプレッシャーを強めたヘイスは組んでケージ際へ。ボディロックから足を払ってテイクダウンを奪ったヘイスだが、背中に乗ったところで前方に落とされる。

すぐに立ち上がって右フックを伸ばしたヘイスは左アッパーから左ストレートを打ち込む。左ミドルはキャッチされたヘイス、すぐに離れてダブルレッグへ。オーティズは一度はスプロールしてヒザ蹴りを入れたが、ケージに押し込まれる。離れた両者、オーティズのシングルを切ったヘイスがバックへ回りこんで胸を合わせるとダブルレッグでオーティズを倒し、初回の攻撃を締めくくった。

2R、中間距離でミドルを蹴り合った両者。オーティズのテイクダウン狙いをがぶったヘイスが、離れて右フックを放つ。直後に飛び込んでシングルに出たヘイスは両脇を差してバックへ。さらにダブルに移行するも自ら離れる。オーティズも前に出て蹴り、パンチを見せるも離れ際にヘイスが攻撃を入れるシーンが多い。

その接近戦で左フックから右を決めたオーティズが組みに行くが、逆が尻餅をつかされる。試合がスタンドに戻ると、低い姿勢でオーティズが組みつく。これを切ったヘイスがボディロック、オーティズがスイッチ。譲らないヘイスがダブルを狙う。互いに譲らないテイクダウン合戦から距離を取り直した直後にヘイスがダブルレッグでテイクダウンを奪う。即バックマウントを奪取したヘイスは、パンチを入れて背中を伸ばしに掛かる。終了間際にヘイスは腕十字を狙ったが、オーティズは腕をクラッチしてタイムアップまで耐えて見せた。

最終回、左を伸ばし組んでバックから崩したヘイスがオーティズの背中に乗る。自ら足をつき、ダブルからオーティズを再び崩すと、ヘイスはここでも両足をフックしにかかる。これを防いで立ち上がったオーティズだが、打撃戦でワンツーを被弾する。ヘイスはオーティズをケージに押し込んでワキを潜ってバックへ。崩してから両足を取りつつ正面に回り、再びダブルレッグを仕掛けオーティズを立たせない。

背中をつけさせないで、ケージ際のスクランブル合戦を制し続けるヘイス。オーティズも一度はワキを潜ってバックを取るも、すぐに胸を合わされてボディロックからテイクダウンを取られる。そのままバックマウントを許したオーティズがパンチを被弾しつつ、背中を預けたままで立ち上がる。続くオーティズのスイッチを潰したヘイスが、最後まで組み勝ち3-0 で判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie