この星の格闘技を追いかける

【Pancrase275】デカゴン初見参ロシア勢<01>サンボがベースのバイザット・ハトホフ「KO狙う」

Bajzet Hathohu【写真】サンボシューズを履いていたハトホフ(C)MMAPLANET

28日(木)、31日(日)に東京都江東区のディファ有明で開催されるPancrase275に出場するロシア勢&メキシコ勢の公開練習が渋谷区の和術慧舟會HEARTSで行われた。

ここではまず、いよいよデカゴンを急襲するロシア勢。3人が口を揃えて「飛行機の旅は長い」と言いつつ、空気の綺麗さ、人々が親切だと日本の印象を語った彼らの中から、まず太田駿平と対戦するバイザット・ハトホフの合同会見の模様をお届けしたい(※要約)

【写真】ロシア連邦アディゲ共和国の首都マイコープ出身&在住のハトホフ。柔道が非常に盛んな街だという(C)MMAPLANET

【写真】ロシア連邦アディゲ共和国の首都マイコープ出身&在住のハトホフ。柔道が非常に盛んな街だという(C)MMAPLANET

──ベースとなる格闘技は何ですか。

「サンボがベースで、その後はコンバット・サンボをやるようになり、MMAに進んだ。これまでのMMA戦績は5勝1敗だよ」

──ケージで戦った経験は?

「ケージの経験は2試合。スタイル的には寝技でもケージの方がコントロールしやすいし、スタンドでも追い込むことができて戦いやすい。だからケージの方が好きだよ」

──MMAではどのようなスタイルで戦っていますか。

「テイクダウンをして関節技で一本を取っていくのが僕の戦い方だけど、スタンドでは蹴りを得意にしている」

──太田選手の印象を教えてください。

「オオタはスタミナがある良い選手。日本人ファイターは色々な場所で活躍できる優秀なファイターが多い。日曜日はKOで終わらせたい。立ち技でも寝技でも積極的に攻めるよ。パンクラスでタイトルを狙えるよう戦っていきたい」

■Pancrase 275対戦カード

<フライ級/3分3R>
手塚裕之(日本)
川和真(日本)

<バンタム級/3分3R>
小宮稔大(日本)
狸瑪猿シュン(日本)

<フェザー級/5分3R>
日沖発(日本)
横山恭典(日本)

<フェザー級/5分3R>
矢地祐介(日本)
ロドルフォ・ルビオ(メキシコ)

<バンタム級/5分3R>
上田将勝(日本)
ホゼ・アルディ(メキシコ)

<バンタム級/5分3R>
瀧澤謙太(日本)
アラン・ヒロ・ヤマニハ(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
高木健太(日本)
ビスラン・エトレシェフ(ロシア)

<ミドル級/5分3R>
佐藤光留(日本)
セルゲイ・マルティノフ(ロシア)

<ライト級/5分3R>
太田駿平(日本)
バイザット・ハトホフ(ロシア)

<バンタム級/3分3R>
神田T800周一(日本)
CORO(日本)

<フェザー級/3分3R>
川那子祐輔(日本)
中原由貴(日本)

<フライ級/3分3R>
井島裕彰(日本)
加藤直之(日本)

<ライト級/3分3R>
林源平(日本)
上田厚志(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie