この星の格闘技を追いかける

【UFC195】公開計量終了 田中&金原、問題なくパス。ローラー「俺がチャンピオン!!」

1日(金・現地時間)、明日2日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで開催されるUFC 195「Lawler vs Condit」の公開計量が、MGMグランドのマーキー・ボールルームで行われた。

第2試合に出場する田中路教は石原夜叉坊と登壇し、135.5ポンドでパスすると自ら両手を強く叩いてからガッツポーズを作った。プレリミ・メインでマイケル・マクドナルドと対戦する金原正徳もリミット丁度で計量をクリア。マクドナルドとハグをしてステアダウンへ、満面の笑みを浮かべるマクドナルドにつられるかのように笑顔に金原も笑顔になっていた。

メインでUFC世界ウェルター級王座を賭けて戦う両者も滞りなく計量を終えると挑戦者カーロス・コンディットは「ロビーと戦うことは僕のキャリアのなかでもハイライトになる。ここでタイトルを取る」と話した。一方、王者ロビー・ローラーは「カーロスは素晴らしいファイターだよ。でも、俺はここにタイトル防衛のために来た。俺がチャンピオン、ベストだと世界に見せつける。やってやるよ」と不敵な笑みを浮かべながら語り、ステージを後にした。

■ UFC195 計量結果

<UFC世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者] ロビー・ローラー: 170ポンド(77.11キロ)
[挑戦者] カーロス・コンディット:169ポンド(76.66キロ)

<ヘビー級/5分3R>
スタイプ・ミオシッチ:241.5ポンド(109.54キロ)
アンドレイ・オルロフスキー:246.5ポンド(111.81キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アルベルト・トメノフ:171ポンド(77.57キロ)
ロレンツ・ラーキン:171ポンド(77.57キロ)

<フェザー級/5分3R>
ディエゴ・ブランダォン:146ポンド(66.23キロ)
ブライアン・オルテガ:145.5ポンド(66.00キロ)

<ライト級/5分3R>
エイブル・トゥルージロ:156ポンド(70.76キロ)
トニー・シムズ:156ポンド(70.76キロ)

<バンタム級/5分3R>
マイケル・マクドナルド:136ポンド(61.69キロ)
金原正徳:135ポンド(61.24キロ)

<ウェルター級/5分3R>
カイル・ノーク:170.5ポンド(77.34キロ)
アレックス・モロノ:170ポンド(77.11キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ジャスティーン・キッシュ:116ポンド(52.62キロ)
ニーナ・アンサロフ:116ポンド(52.62キロ)

<ライト級/5分3R>
ドリュー・ドバー:155.5ポンド(70.53キロ)
スコット・ホルツマン:155.5ポンド(70.53キロ)

<ライト級/5分3R>
ダスティン・ポイエー:155.5ポンド(70.53キロ)
ジョセフ・ダフィー:155ポンド(70.31キロ)

<バンタム級/5分3R>
ジョー・ソト:135.5ポンド(61.46キロ)
田中路教:135.5ポンド(61.46キロ)

<ウェルター級/5分3R>
エドガー・ガルシア:170ポンド(77.11キロ)
シェルドン・ウェストコット:170ポンド(77.11キロ)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie