この星の格闘技を追いかける

【RFC27】ボブ・サップがサンタ姿で登場。ミノワマンは8.99キロ差の戦いに

Road FC27 Weigh-in【写真】RIZIN出場のボブ・サップがサンタになって登場。 ROADガールはトナカイ姿でクリスマス色の強い計量となった(C)MMAPLANET

25日(金・現地時間)、26日(土・同)に中国・上海の上海オリエンタル・スポーツセンターで開催されるROAD FC27 in Chinaの公開計量が現地のプードン・シャングリラ・イースト・ホテルで行われた。

ROAD FCにとって初の中国大会の公開計量を前にして、挨拶を促されたジョン・ムンホン代表は苦笑いを浮かべ、「予定になかったことなので、何と言って良いのか……。これで失礼します。それが全てです」とらしい挨拶で、会場の笑いを誘っていた。

大会メイン、無差別級トーナメント1回戦に出場するチェ・ホンマンは「初めての中国。昨日の夜、外を歩いた時に皆に応援の声を掛けてもらいました。その分もしっかりと頑張りたいと思う」と挨拶。対戦相手のロオヘンチャオは「ROAD FCに出場でき、チェ・ホンマン選手と戦えて光栄です。頑張ります」と話した。

Minowaman日本からっ出場するミノワマンはライトヘビー級に関わらず、81.71キロとミドル級のリミットを下回る体重だった。そして「ROAD FCが中国大会をやるとは思っていませんでした。そんな中国大会に出られて光栄です。初めての中国人選手の試合、頑張ります。応援お願いします」と檀上で語った。

対して中国MMA界のレジェンドであるヂャオ・ツーロンは90.7キロ。ミノワマンとの対戦に向けて、「ミノワマン選手が39歳で続けており、尊敬しています。この試合のために15キロ、減量しましたので、お腹がすきました。それだけ明日は良い試合ができるよう頑張ります」と抱負を話した。

またトーナメント初戦第一部のメインで10月大会のリベンジに挑むチェ・ムベは「国家代表のときに北京で戦い、また中国のファンの前で戦えて光栄です。マイティ・モー選手とは最後の戦いになるかと思いますが、中国の皆の前で意義のある試合をしたいです」と言い、マイティ・モーも「再戦に関してはこれまでもK-1でやってきたし、誰と戦っても構わないと思っている。明日、チェ・ムベに勝ってチェ・ホンマンと戦いたい」とアピールしている。

ミノワマンと並び日本からの出場となる田中大作は「頑張りますので、応援よろしくお願いしますと一言、対するホー・ナンナンのコメントは「相手が強いのは知っています。明日は一生懸命頑張ります」というものだった。

なお同大会の模様は韓国はSuper Action、中国では14億人が視聴するCCTV系のチャンネル、そして日本ではニコニコ生放送でライブ中継される。

■ RFC27第2部計量結果

<無差別級トーナメント/5分3R>
ロオヘンチャオ:116.5キロ
チェ・ホンマン:151.5キロ

<ライト級/5分3R>
ジャン・リーポン:69.9キロ
ホン・ヨンギ:70.45キロ

<無差別級トーナメント/5分3R>
アオルコロ:146.7キロ
キム・ジェフン:126.1キロ

<ライトヘビー級/5分2R>
ヂャオ・ツーロン:90.7キロ
ミノワマン:81.71キロ

<バンタム級/5分2R>
チャオ・ジカン:61.8キロ
チェ・ムソン:61.35キロ

<ライト級/5分3R>
バオ・インカン:70.15キロ
ムングントスズ・ナンディンエルデン:70.5キロ

■RFC27 第1部 計量結果

<無差別級トーナメント/5分3R>
マイティ・モー:129.6キロ
チェ・ムベ:114.3キロ

<無差別級トーナメント/5分3R>
リャン・リュンギ:95.5キロ
ミョン・ヒョンマン:118.0キロ

<フェザー級/5分2R>
ホー・ナンナン:65.45キロ
田中大作:65.71キロ

<女子ストロー級/5分2R>
イェン・シャオナン:52.2キロ
ナム・イェヒョン:52.4キロ

<フェザー級/5分2R>
イブゲレ:65.9キロ
チェ・ジョンチャン:65.9キロ

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie