この星の格闘技を追いかける

【UFC194】落ち着いていたマクレガー×厳しい表情のアルド。余裕のロックホールド×多弁なワイドマン

12日(土・現地時間)にネヴァダ州ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで開催されるUFC194「Aldo vs McGregor」の公開計量が、11日(金・同)に同所で行われた。

2階級の世界戦が組まれた今大会、まずクリス・ワイドマンの持つ世界ミドル級王座に挑戦するルーク・ロックホールドが登壇。続いてワイドマンと揃ってミドル級タイムリミットで計量をパスしてステアダウンへ。

何から言葉を発し続け、険しい表情のチャンピオンに対して余裕の笑みを浮かべたチャレンジャーは「クリスは偉大なチャンピンだけど、新しい段階のゲームを見せる」と話した。一方、ワイドマンはジョー・ローガンに向かい合った時に何を言っていたと問われ「ヤツはこれまで俺のような相手と向き合ったことがない。ダニエル・コーミエーやケイン・ヴァラスケスは俺のようにサブミッションを持たない。彼は俺のようにトップからエルボーを放つ相手を知らない。ゲームでそれを証明する。明日は極めるよ、終わらせる」と返答した。

そして、アイルランド国旗の花が咲く場内にコナー・マクレガーがサングラスを掛けて登場する。場内が最高潮に盛り上がり、計量を終えてもスケールの上でポーズを取り続けたマクレガー。アルドの入場にはブーイングと怒号が渦巻き、再びマクレガーへの応援歌が響き渡る。

険しい表情のまま計量を終えたアルドはフェイスオフで、マクレガーの先をいって腰を落としポーズを真似て挑発する。詰め寄ったマクレガーが、その左腕を払い、蹴りを入れる素振利を見せるも、両者テンパることはなく離れた。

「アイルランドからこんなに応援に来てくれてありがとう。明日の夜も、もう一度みなのために全力を尽くす」と非常に落ち着いた表情で語ったマクレガー。アルドは「ヤツが何を口にしようが構わない。明日の夜も僕がチャンピンでいる」と話し、ステージを後にした。

■ UFC194計量結果

<UFC世界フェザー級王座統一戦/5分5R>
[正規王者] ジョゼ・アルド:145ポンド(65.77キロ)
[暫定王者] コナー・マクレガー:145ポンド(65.77キロ)

<UFC世界ミドル級選手権試合/5分5R>
[王者] クリス・ワイドマン:185ポンド(83.92キロ)
[挑戦者] ルーク・ロックホールド:185ポンド(83.92キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジャカレ・ソウザ:186ポンド(84.37キロ)
ヨエル・ロメロ:185ポンド(83.92キロ)

<ウェルター級/5分3R>
デミアン・マイア:170ポンド(77.11キロ)
グンナー・ネルソン:170ポンド(77.11キロ)

<フェザー級/5分3R>
マックス・ホロウェイ:146ポンド(66.23キロ)
ジェレミー・スティーブンス:145ポンド(65.77キロ)

<バンタム級/5分3R>
ユライア・フェイバー:136ポンド(61.69キロ)
フランキー・サエンツ:135ポンド(61.24キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ティーシャ・トーレス:116ポンド(52.62キロ)
ジョスリン・ライバーガー:116ポンド(52.62キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ヴァルリー・アウベス:171ポンド(77.57キロ)
コルビー・コビントン:170ポンド(77.11キロ)

<ライト級/5分3R>
レオ・サントス:156ポンド(70.76キロ)
ケビン・リー:156ポンド(70.76キロ)

<ライト級/5分3R>
ジョー・プロクター:155.5ポンド(70.53キロ)
マゴメド・ムスタファエフ:155ポンド(70.31キロ)

<ライト級/5分3R>
ジョン・マクデッシ:156ポンド(70.76キロ)
ヤンシー・メデイロス:155.5ポンド(70.53キロ)

<ウェルター級/5分3R>
コート・マクギー:170ポンド(77.11キロ)
マーシオ・アレシャンドリ・ジュニオー:171ポンド(77.57キロ)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie