この星の格闘技を追いかける

【TUF22】30-26が2人。ダナムがローゾンに圧勝

<ライト級/5分3R>
エヴァン・ダナム(米国)
Def.3-0:30-26.30-26.30-27
ジョー・ローゾン(米国)

サウスポーのダナムが右ジャブを伸ばす。右から左、さらにショートを連打したダナムが続いて左ストレートを伸ばす。様子見のローゾンは右を振るうも右を返される。それでも左を打ち込み前に出るローゾン。離れたダナムに左ボディ、左アッパーを入れる。ダナムも左フックを伸ばすなど、中間距離での打撃戦が続く。組んではヒザを蹴り合い、ローゾンが右エルボーを入れる。右ストレートを被弾したダナムがボディにヒザを突き上げ、ローゾンが間合いを取り直す。

左の相打ちで動きが止まったようにも見えたダナムだが、左右のショート、アッパーと怯まず手数が増える。ワンツーから右ハイに繋げたダナムは、ローで姿勢を乱したローゾンに左を打ち込む。残り30秒でローゾンはテイクダウンから尻餅を着かせたものの、ダナムはすぐに立ち上がり、逆に腰を引き抜いてテイクダウンに成功。手数、圧力、効果ともにリードしたダナムのラウンドとなった。

2Rはダナムの左ハイでスタート。流れを譲るまいとローゾンが前に出るが、ダナムの左アッパーを被弾する。さらに左から右アッパーを決めるダナム。左ストレートから右ローを入れ、ローゾンに付け入る隙を与えないダナムが被弾したのはローぐらいだ。左右のパンチを振るって前に出てきたローゾンをボディロックに捉え、テイクダウンを狙うダナム。ローゾンは胸を合わせて首相撲からヒザを顔面へ。ダナムはエルボーを返す。

オクタゴン中央に戻った両者、ここでもダナムが組んでケージにローゾンを押し込み右エルボーを2発打ち込む。引き続き縦ヒジを入れるダナムが離れると、ローゾンもエルボーを返していく。残り30秒を切り、連打からヒザ蹴りを2発入れたダナムがここも取った。

最終回、ワンツーを入れたダナムがローゾンのワンツーを返し、ショートを連打する。左ストレートを受けて顔が下がり気味になったローゾンが、右も被弾する。さらに左ストレートから右ハイを見せたダナムが3Rも試合を支配する。ローゾンはカニ挟みから足関を狙おうとしたが、セットアップまで作ることができない。残り2分を切ってローソンのダブルレッグをスプロールしたダナムは蹴りを交えて攻勢に。

一方的に攻められるローゾンは、ボディフックを左右から打ち込まれ左ストレートを受けて棒立ちになる場面も。最後も右ハイを狙ったダナムがタイムアップと同時に勝利を確信して両手を高々と掲げた。結果はジャッジ2人が30-26をつけるダナムの大勝だった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie